2021年02月28日

水族館の文化史―ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界

水族館の文化史―ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界 - 溝井裕一
水族館の文化史―ひと・動物・モノがおりなす魔術的世界 - 溝井裕一





出版社 : 勉誠出版; A5版 (2018/6/25)
発売日 : 2018/6/25
言語 : 日本語
単行本(ソフトカバー) : 368ページ
ISBN-10 : 4585222103
ISBN-13 : 978-4585222101



ひとが「魚を見ること」にはどんな意味が秘められているのか?古代の養魚池文化にはじまり、黎明期の水族館のユニークな展示、植民地支配とのかかわり、SF小説や映画の影響、第二次世界大戦中の苦難、展示のストーリー化、さらにはヴァーチャル・リアリティ技術とのハイブリッド化が進む最新の水族館事情など、古今東西の水族館文化を図版とともに概観、ガラスの向こう側にひろがる水の世界へいざなう。
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする