2020年08月07日

ジェフ・ベック ―孤高のギタリスト [上]

ジェフ・ベック ―孤高のギタリスト [上] - マーティン・パワー, 細川 真平, 前 むつみ
ジェフ・ベック ―孤高のギタリスト [上] - マーティン・パワー, 細川 真平, 前 むつみ



単行本: 296ページ
出版社: ヤマハミュージックメディア;  版 (2015/7/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4636905687
ISBN-13: 978-4636905687
発売日: 2015/7/19
梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm




伝説的ギタリスト、ジェフ・ベックの真実の物語と強烈な旅路を解き明かす!

誰もが認める世界最高のギタリスト、ジェフ・ベック。
複雑で予測不能でとてつもない才能を持つベックの、生い立ちから成功までをつづった伝記の決定版が、ついに日本発売!

ロックの神々の神殿に堂々と君臨するジェフリー・アーノルド・ベック。彼がはじめて世界に衝撃を与えたのは、ヤードバーズの「ハートせつなく」で世界的なヒットを記録した1965年。彼のエレトリック・ギターに対する少年時代からの熱意は決して冷めることなく、この楽器の可能性の限界に挑もうとする衝動も抑えられずにいた。
1940年代のロンドン南部で過ごした幼年期からジェフ・ベック・グループを経てBBAの試みまで、世界でもっとも偉大で衝撃的な“ギター殺人者"の真実と軌跡を解き明かす。

「その気になったジェフは究極の存在だ」 ――ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)

「ギターを手に取った瞬間から、これぞ自分のために作られた楽器だと思ったね」――ジェフ・ベック

★ヤードバーズ時代からプライベートショットまで、貴重な写真を多数掲載!

初期のベックはブルースに基づいた音楽で場数を踏んだが、その心をとらえていたのは、むしろエレクトリック・ギターそのものだった。それは彼が、ジャズ/フュージョンからロカビリーまで、垣根を越えてさまざまなジャンルを、ティナ・ターナーやケイト・ブッシュ、デヴィッド・ボウイなどあらゆるミュージシャンとプレイしてきたゆえんでもある。
幼少期から現在に至るまで、いつの時代を見てもベックほど革新的で多大な影響を与えてきたギタリストは珍しい。ジミー・ペイジ、エリック・クラプトン、ジミ・ヘンドリクスとも交流があった彼は、60年代半ば以降のエレクトリック・ギターをその限界へと押し進め、ついには極限を超えてしまったと言える。

[目次]
第1章 調査開始
第2章 小さな池の二匹の鯉
第3章 重力圏からの脱出
第4章 魔法のファズボックス現る
第5章 アメリカ万歳
第6章 しぼみ始めた現実
第7章 悪魔の出陣
第8章 どんな雲でも……
第9章 ニューヨーク・タイムズのおかげでした
第10章 牡蠣に入った砂粒
第11章 覆水盆に返らず
第12章 音量よりもパワー
第13章 そして三人になった
posted by ゴロゴロ at 01:52| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする