2020年06月03日

浮浪雲(はぐれぐも) (97) (ビッグコミックス)

浮浪雲(はぐれぐも) (97) (ビッグコミックス) - ジョージ 秋山
浮浪雲(はぐれぐも) (97) (ビッグコミックス) - ジョージ 秋山



コミック: 203ページ
出版社: 小学館 (2013/1/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4091848702
ISBN-13: 978-4091848703
発売日: 2013/1/30
梱包サイズ: 18 x 12.8 x 1.8 cm



平成の今こそ繰り返し読んでほしい!

品川宿の問屋場“夢屋”の頭である浮浪雲。ふうわりふらりと風に吹かれて、何を考えてんだかさっぱりわかんない。
それでいて、何か一大事があると、みんな浮浪雲を頼ってくる。
浮浪雲ってえ奴は、不可思議で、謎で、難しい。


平凡に生きることがいかに貴重であるかを説く『平々凡々』。
『いんとく』のラストの台詞「馬鹿野郎、自分で考えろい」。
『愁傷の日々』で交わされる女房の往生際での会話の切迫。
余命三か月の女房に対し、哀しみの感情が湧いてこない亭主の
リアルすぎる苦悩を描いた『鬼嫁ですよ』………
魂の救済と慰安を求めるすべての人へ。
全九編収録。
posted by ゴロゴロ at 04:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする