2020年04月28日

浮浪雲: 「ウン」の巻(「ウン」はしんにゅうに云 補助漢字6529) (52) (ビッグコミックス)

浮浪雲: 「ウン」の巻(「ウン」はしんにゅうに云 補助漢字6529) (52) (ビッグコミックス) - ジョージ秋山
浮浪雲: 「ウン」の巻(「ウン」はしんにゅうに云 補助漢字6529) (52) (ビッグコミックス) - ジョージ秋山



コミック: 209ページ
出版社: 小学館 (1994/6/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 409183342X
ISBN-13: 978-4091833426
発売日: 1994/6/30
梱包サイズ: 18 x 12.8 x 1.8 cm



激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

▼第1話/怪国論議▼第2話/宝の持ち腐れ▼第3話/如意女房▼第4話/美しい秋▼第5話/お手紙▼第6話/恋しくて▼第7話/こころのたびじ▼第8話/ゴロゴロゴロ▼第9話/ふられた女▼第10話/だんごの涙 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/開国か鎖国かで日本中が大騒ぎのなか、相変わらずブラブラしている浮浪雲。しかし雲はそれだけの人間ではないだろうと踏んだ青田師範は、雲に一度議論をしようと誘いをかけるのだが……(第1話)。▼浮浪雲の能力に目を着けた勝海舟が、ある日雲に幕府の重役にならないかと使いの者をよこしてきた。絶対にそんなことはしないというごろね奉行は、ならば雲を試してみようと一席設ける(第2話)。▼愛人と一緒になるために、妻と別れたがっている男。なんとか妻を怒らせて、きっかけをつくろうとするのだが……(第3話)。
posted by ゴロゴロ at 04:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする