2020年04月25日

浮浪雲: 逑の巻 (47) (ビッグコミックス)

浮浪雲: 逑の巻 (47) (ビッグコミックス) - ジョージ秋山
浮浪雲: 逑の巻 (47) (ビッグコミックス) - ジョージ秋山



コミック: 216ページ
出版社: 小学館 (1992/2/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4091821073
ISBN-13: 978-4091821072
発売日: 1992/2/29
梱包サイズ: 18.4 x 13 x 2 cm



激動の幕末を、流れる雲のようにサラリと生きる“大江戸楽天人伝”。

▼第1話/さがしもの▼第2話/かぜにおう▼第3話/一幕芝居▼第4話/休火山▼第5話/御中元▼第6話/天までとどけ▼第7話/気配り商人▼第8話/恋慕其の壱▼第9話/恋慕其の弐▼第10話/恋慕其の参▼第11話/恋慕其の四 ●登場人物/浮浪雲(品川宿の問屋場、夢屋の頭。柔軟かつ強靱な精神の持ち主)、新之助(雲の長男。大人物を夢見る熱血少年)、カメ(雲の妻)、欲次郎〈とっつあん〉(夢屋の帳場をまかされている老人) ●あらすじ/机の上に置いておいたはずの筆箱が無いと大騒ぎの新之助は、ムシャクシャするからと物に当たったり妹を泣かしたり……。筆箱のことを浮浪雲に話すと、雲はその筆箱はあんたの心の中にあると言う。なんのことやらわからなかった新之助であったが……(第1話)。▼青田師範に、お前は人の短所ばかり見るからだめなんだと言われた新之助。しかし雲は、あんまり人の長所を探さないほうがいいんじゃないかと言う(第2話)。▼店の者や近所の人から人格者として尊敬されている番頭さん。店員がねこばばをしても、妻が掃除をしなくても、決して怒ることなく優しく笑顔でいたのだが、ある日とうとう……(第4話)。
posted by ゴロゴロ at 03:55| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする