2020年01月27日

人魚の傷: 高橋留美子 人魚シリーズ 2 (少年サンデーコミックススペシャル―高橋留美子人魚シリーズ)

人魚の傷: 高橋留美子 人魚シリーズ  2 (少年サンデーコミックススペシャル―高橋留美子人魚シリーズ) - 高橋 留美子
人魚の傷: 高橋留美子 人魚シリーズ 2 (少年サンデーコミックススペシャル―高橋留美子人魚シリーズ) - 高橋 留美子



コミック: 237ページ
出版社: 小学館 (2003/11/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 409127742X
ISBN-13: 978-4091277428
発売日: 2003/11/18
梱包サイズ: 18.5 x 13 x 2 cm



▼第1話/夢の終わり▼第2~3話/約束の明日[前・後編]▼第4~5話/人魚の傷[前・後編]●主な登場人物/湧太(元は漁師。人魚の肉を食べ500年間不老不死のまま生き続けている)、真魚(まな。人魚の里で育てられた少女。いけにえにされる所を湧太に救われ一緒に旅をする。気の強い娘)●あらすじ/旅の山中で、土砂崩れで生き埋めになってしまった湧太と真魚。だが不死身の湧太は、地元の猟師に供養されている途中で甦った。ところが、やはり不老不死であるはずの真魚の姿が見当たらない。自分の身の上を語り、真魚の行方を聞く湧太に、猟師はもう生きてはないだろうと語る。その山中には「大眼(おおまなこ)」という化け物がいて、日夜人を食い殺しているというのだ…(第1話)。●本巻の特徴/第2~3話「約束の明日」では、60年前に湧太と想いを寄せ合い、今は死んだはずの苗という女性が60年前の姿のまま現代に生き返った。彼女の家にあった“人魚の灰”と、彼女の婚約者だった男に関わりが…!? 表題作「人魚の傷」では、以前、湧太と真魚が旅の途中で知り合った母親を訊ねて一人旅をする子供・真人と再会する。本巻も全話を通して不老不死をもたらす人魚の肉をめぐる、切なく哀しい物語が描かれる。
posted by ゴロゴロ at 05:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする