2019年12月08日

国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源

国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)


単行本: 368ページ
出版社: 早川書房 (2013/6/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152093854
ISBN-13: 978-4152093851
発売日: 2013/6/24
梱包サイズ: 19 x 13.8 x 3 cm



《ワシントン・ポスト》《エコノミスト》《フィナンシャル・タイムズ》各紙誌の年間ベストブックに選出! 下巻には坂本龍馬や大久保利通も登場。

「著者たちは、ある問題をめぐる議論に重要な貢献をなした。一見似たような国家が、経済や政治の発展においてまったく異なっているのはなぜかという問題である」
――ケネス・J・アロー(1972年度ノーベル経済学賞受賞者)

「本書を手に取って読みはじめたら、途中でやめるのは難しい」
――マイケル・スペンス(2001年度ノーベル経済学賞受賞者)

「思わず引き込まれる、きわめて読みやすい本だ。そして結論には勇気づけられる」
――ニーアル・ファーガソン(ハーバード大学教授。『憎悪の世紀』『マネーの進化史』ほか)

「著者たちは経済学と政治経済学における重要問題に関する研究を大いに活気づけた」
──ゲイリー・S・ベッカー(1992年度ノーベル経済学賞受賞者)

「希望を与えるすばらしい書──だが一方で、ひどく心をかき乱す警鐘でもある」
──サイモン・ジョンソン(MITスローン校教授)

「このうきうきするほど読みやすく面白い物語において、現代の社会科学の巨人である著者たちは、元気の出る重要なメッセージを送っている」
──イアン・モリス(スタンフォード大学教授)

「本当にすごい本だ。アセモグルとロビンソンは、一流の思想家たちを何世紀にもわたって悩ませてきた社会科学における最大の難問に挑み、シンプルさと力強さにおいて卓越した解答を提示した」
――スティーヴン・レヴィット(『ヤバい経済学』ほか)
posted by ゴロゴロ at 06:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする