2019年12月08日

貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス

貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス
貧困と闘う知――教育、医療、金融、ガバナンス


単行本: 216ページ
出版社: みすず書房 (2017/2/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4622079836
ISBN-13: 978-4622079835
発売日: 2017/2/18
梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.2 cm



開発経済学の最前線をコンパクトに紹介。いま世界で最も注目されている経済
学者の一人が、開発経済学の最先端の成果を、簡潔かつ詳細に語る入門書。

インド、マラウィ、ケニア、メキシコ、バングラデシュでの実践が明らかに
したのは……ワクチン接種キャンペーンをもっと効果的にするには? 低コス
トで子どもたちの教育を改善するには? 出勤しない教師や看護師にどう対応
する? マイクロクレジットは貧農を救う魔法の処方箋か? 村落集会はほん
とうにコミュニティの自己決定を強化しているのか?

「そのコンセプトの明快さ、その柔軟性、そしてそれが政策と研究の交差点
に位置していることによって、ランダム化比較実験は特別に豊かで汎用性が高
い道具になった。…本書では、こうした実験について報告することで、人間開
発の挑戦に新たな光を当てることにしたい。私たちは、伝統的な政策はどの程
度まで目的を果たすことができたのか、そして、これほどまでに進歩が遅いの
はなぜなのかを、理解しようと試みる。この探究を進めるにあたって、私たち
はアクターの行動や動機の豊かさを明らかにしようと試みる。これらをよく理
解することによって、私たちは、より効果的な政策を立案するための道筋を提
案できることになるだろう」(第I部の序)

貧困削減の成果を計測するRCT(ランダム化比較実験)という精緻な手法を
、貧困のただなかにある現地の人々と実践していく、泥臭いフィールドが生ん
だ知の成果。常識を覆す成果によって、貧困削減のための具体的な政策を提示
する。ベストセラー『貧乏人の経済学』とは一味違った筆致で、医療、教育、
マイクロファイナンス、政治制度といった開発経済学の核心的な主題に切り込
む一冊。

「貧困との闘いを持続させようと望むならば、試行錯誤、創意、そして根気が
不可欠である。これらは、存在しない魔法の杖を見つけるためではなく、今日
からでも最も貧しい人々の生活を改善するような一連の小さな前進を実現させ
るために、不可欠なのである」(第II部の結論)
posted by ゴロゴロ at 03:52| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする