2019年11月27日

RIDERS CLUB ライダースクラブ 2020年1月号

RIDERS CLUB ライダースクラブ 2020年1月号
RIDERS CLUB ライダースクラブ 2020年1月号


雑誌
出版社: エイ出版社 (2019/11/27)
言語: 日本語
ASIN: B07ZW8VV6F
発売日: 2019/11/27
梱包サイズ: 29.6 x 22 x 1.4 cm


★巻頭特集
「速く」よりも「上手く」なるライテク Vol.8

身体の使い方で愛車との一体感が倍増!
曲がれるフォーム大研究

多くのライダーは、無意識で旋回時に効率の悪いフォームをとってしまっていることがほとんど。
しかし、それもわずかなきっかけやヒントで旋回に聞くフォームに早変わり。
GPライダーもフォームはさまざまで、旋回とブレーキングではまったく異なるフォームになっています。
あそこまで極端でなくても我々もスポーツライディングというくらいですから、
常に身体を使って愛車とバランスが取れるところを探す意識が大切です。
そうすることで、もっと曲がれるフォームやポジションが見つかります。
今回のライテクでは、「曲がれるフォームを大研究!」します。

★東京モーターショー&ミラノショー
今回は東京モーターショーとミラノショーを現地取材。開発陣に直撃し、情報を聞き出してきました。
東京ではカワサキが4気筒の250ccモデルであるZX-25Rを登場させ、
ミラノではホンダCBR1000RRが08年以来のフルモデルチェンジを行いCBR1000RR-Rとして登場。
さらにイタリアのビモータはカワサキとパートナーシップを結んでTESI H2発表して再スタートを切るなど、
大きな話題で盛り上がりました。

★R/Cインプレッション
・DUCATI PANIGALE V2
発表されたばかりのドゥカティの2020年モデルであるパニガーレV2のワールドローンチに編集長の小川が参加。
スペインのヘレスサーキットで試乗してきました。
LツインからVツインへと変わったドゥカティのミドルスポーツの面白さを紹介します。

・TRIUMPH STREET TRIPLE RS
トライアンフの2020年モデルがさっそく上陸。
富士スピードウェイの本コースや周辺を走り、新型3気筒ネイキッドの醍醐味を堪能してきました。

★ミシュラン エクスペリエンスinフランス岡田忠之×原田哲也番外編
元世界GPライダーがお届けするこの連載。今回はMotoGPのタイヤを開発する、
ミシュランのピエロ・タラマッソさんを入れて3人で対談。
今シーズンのミシュランタイヤの進化などをご紹介します。

★まだまだ本気で6気筒!
ホンダCBX、カワサキKZ1300を改めてインプレッション。
2台とも大阪のケイファクトリー製マフラーを装着し、
6気筒が奏でる近代のバイクにないエキゾーストノートはとても魅力的でした!

★原田哲也さんがTOTにガンマで参戦!
元世界GPチャンピオンの原田哲也さんがテイストオブツクバにガンマ500で参戦!。
原田さんが500tの2ストで走る!これだけでファンは感涙もの。詳細をレポートします。
バイク業界を盛り上げたい!バイク趣味を長く楽しんで欲しい!みんなとバイクで遊びたい!
現役時代とは違う原田さんの思いとは……

●その他
・マスターピース研究室スプロケット
・KUSHITANI たゆまぬ進化×変わらぬ伝統
・大鶴義丹の好きだけじゃ済まされない
・宮城 光の東京ハイスピード
・HIKARUGP.COM MotoGP解説者である宮城 光の視点でお届け。
・メンテナンスラボライテクを頑張ってもなんだか調子が悪い……
そんな時はバイクの具合が悪いのかも!?メンテナンスのコツを紹介します。
・ネモケンに聞け読者の皆さんの今さら聞けない疑問にボス根本が答えます。
・伊丹孝裕責任監修ライダートクラブ土まみれ泥だらけの世界にようこそ!
posted by ゴロゴロ at 01:27| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする