2019年11月25日

マツダ787B R26B 4ローターレーシングロータリーエンジン 1/6スケールモデル

マツダ787B R26B 4ローターレーシングロータリーエンジン 1/6スケールモデル
マツダ787B R26B 4ローターレーシングロータリーエンジン 1/6スケールモデル



1991年にルマン24時間レースで日本車として初の総合優勝を果たしたマツダ787Bの、伝説ともいえる4ローターR26Bロータリーエンジンの1/6スケールモデルです。
マツダ株式会社の社内に保管されていたマツダ787B のコンプリートスペアエンジンを非接触式の3次元光学スキャナーで計測、エンジン本体は勿論のこと純レーシングエンジンとして初めて実用化されたリニア可変システムの吸気系、3プラグのIGコイル、オルタネータ等に至るまで正確にデータ化し、精密な立体モデルとして再現しました。
より精密なモデルを実現するため、パーツは実際のエンジンさながらに4枚のローターハウジング、5枚のサイドハウジング、そして各補器類に分けられ、それぞれのパーツについてアルミ、鋳鉄、さらには金型鋳造、砂型鋳造といった素材、生産方法の違いによる表面の質感の違いを高いレベルで再現しました。 これらパーツを1つ1つ丁寧に組み上げて完成させる手法は、他のエンジンモデルでは行われていない特別な日本の職人芸によるもので、今までにない高い完成度を誇っています。 また、ケース台座にもウォールナットの無垢材を使用し、R26Bの持つ重厚で繊細な雰囲気を演出し、眺める楽しみの向上に一役買っています。
※画像は試作品です。一部ディティールが省略されている場合がございます。 ※このモデルは可動いたしません。
【付属品】 ・1/6ミニチュアローター  ・当時のエンジン開発スタッフによるR26B開発エピソード等をまとめたブックレット  【仕様】 サイズ: 全長250mm×全幅220mm×全高170mm 重量約1.2kg(付属の台座、アクリルケースを含む)  本体のみ:全長127mm×全幅165mm×全高84mm  材質:レジン・ホワイトメタル製(プラグコード部分はゴムチューブ使用)  台座:無垢ウォールナット
posted by ゴロゴロ at 00:47| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする