2019年10月22日

奈緒子 30: 限界 (Big spirits comics)

奈緒子 30: 限界 (Big spirits comics)
奈緒子 30: 限界 (Big spirits comics)


コミック: 202ページ
出版社: 小学館 (2001/3/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 4091853706
ISBN-13: 978-4091853707
発売日: 2001/3/30
梱包サイズ: 18.4 x 13.2 x 1.6 cm


●主な登場人物/壱岐雄介(「日本海の疾風(かぜ)」と異名を取る、長崎県・波切島高校2年生。陸上部のエース)、吉崎(波高陸上部2年生。雄介に憧れて陸上を始めたが、上り坂の強さを生かし、急速に成長)、本田大作(長崎・城西薬品勤務の社会人ランナー。数々の世界大会で好成績を残す一方、波高陸上部の監督代行、全国都道府県対抗駅伝大会長崎県代表チームの監督も務めている)●あらすじ/各県の精鋭がそろう、全国都道府県対抗駅伝大会。長崎県代表チームの第一区を任された吉崎は驚異的なスピードで走り、序盤で先頭に立つ。これは明らかなオーバーペースだが、吉崎は自分でその事に気づいていない。そのため中継所まで残り2km というところで、ついに脱水状態で倒れてしまった…。●本巻の特徴/長崎県チームの第一区走者として、倒れながらも命懸けの力走を続ける吉崎の姿が、体力、心理両面から克明に描かれ、感動を呼ぶ。●その他の登場人物/篠宮奈緒子(大学2年生。小学生のころ、溺れていたところを雄介の父・健介に救われ、九死に一生を得た。年下の雄介に心ひかれながらも、大学入学と同時に帰京)、宮崎(現在は東京の大学に通う、波高陸上部OB。日本学生1万mのチャンピオンだが、腰痛に苦しんでいる)、大山権太(権じいと呼ばれる波切島の漁師。スポーツ理論を熟知する東大の天才学者だったが、30年前に辞職)
posted by ゴロゴロ at 03:27| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする