2018年09月30日

小説 心が叫びたがってるんだ。 (小学館文庫)




文庫: 301ページ
出版社: 小学館 (2015/9/8)
言語: 日本語
ISBN-10: 4094062122
ISBN-13: 978-4094062120
発売日: 2015/9/8
梱包サイズ: 15 x 10.4 x 1.3 cm


『あの花』チームが贈る、青春アニメ小説版

言葉は人を傷つける――幼いころ、何気なく口にした言葉がきっかけで家族がバラバラになってしまった成瀬順は、突如現れた“玉子の妖精”にお喋りを封印する呪いをかけられてしまう。それ以来、トラウマを抱え目立たないように生きてきたのだが、クラスメイトの拓実、菜月、大樹と共に「地域ふれあい交流会」の実行委員に選ばれてしまった。さらには出し物に決まったミュージカルの主役にまで抜擢されて……。優しさゆえに本音を口にしない拓実、不器用だった過去の恋愛に悩み続ける菜月、甲子園を期待されながら肘を壊した大樹、それぞれが葛藤と苦悩を抱えながら成長への一歩を踏み出す、感動の青春群像劇。大ヒット映画「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を生み出したスタッフが再び集結し、秩父を舞台に感動のドラマを繰り広げる劇場作品「心が叫びたがってるんだ。」を完全小説化。原画&劇中カットを収録したスペシャルカラー16ページ付き。
posted by ゴロゴロ at 02:07| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする