2018年03月31日

青い脂 単行本



単行本(ソフトカバー): 392ページ
出版社: 河出書房新社 (2012/8/23)
言語: 日本語
ISBN-10: 4309206018
ISBN-13: 978-4309206011
発売日: 2012/8/23
梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 3 cm2068年、雪に埋もれた東シベリアの遺伝子研究所。トルストイ4号、ドストエフスキー2号、ナボコフ7号など、7体の文学クローンが作品を執筆したのち体内に蓄積される不思議な物質「青脂」。母なるロシアの大地と交合する謎の教団がタイムマシンでこの物質を送りこんだのは、スターリンとヒトラーがヨーロッパを二分する1954年のモスクワだった。スターリン、フルシチョフ、ベリヤ、アフマートワ、マンデリシュターム、ブロツキー、ヒトラー、ヘス、ゲーリング、リーフェンシュタール…。20世紀の巨頭たちが「青脂」をめぐって繰りひろげる大争奪戦。マルチセックス、拷問、ドラッグ、正体不明な造語が詰めこまれた奇想天外な物語は、やがてオーバーザルツベルクのヒトラーの牙城で究極の大団円を迎えることとなる。現代文学の怪物ソローキンの代表作、ついに翻訳刊行。
posted by ゴロゴロ at 06:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする