2018年03月30日

図書館大戦争 単行本



単行本: 384ページ
出版社: 河出書房新社 (2015/11/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4309206921
ISBN-13: 978-4309206929
発売日: 2015/11/26
梱包サイズ: 19.4 x 13.4 x 3.2 cm秘密の力を持つ7つの本をめぐり、図書館・読書室の暗闘がはじまる。

叔父の遺産を処分するため、青年アレクセイはウクライナからロシアに向かう。そこで出会ったのは、亡き叔父を司書とする「シローニン読書室」の面々だった。
忘れられた社会主義時代の作家グロモフの7つの本(「記憶」「力」「喜び」「忍耐」「権力」「憤怒」「意味」)。恐るべき力を秘めたこれらの本を、「図書館」・「読書室」が血で血を洗う決闘によって奪い合う。
知略に富んだ慈悲深きマルガリータ、鎖分銅の使い手チモフェイ、長剣の名手ターニャ、ルーブル硬貨で鎧を仕立てるグリーシャ……。古強者揃いのシローニン読書室は、やがて強大な「図書館」との抗争に巻き込まれていく。
ソ連崩壊後の世界に生きるひとびとを活写した驚異のスプラッターノヴェルとして、賛否両論ありながらロシアブッカー賞を受賞した問題作、ついに邦訳なる! ! !
posted by ゴロゴロ at 06:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする