2018年03月27日

死神の報復(下):レーガンとゴルバチョフの軍拡競争 単行本



単行本: 456ページ
出版社: 白水社 (2016/8/19)
言語: 日本語
ISBN-10: 4560092583
ISBN-13: 978-4560092583
発売日: 2016/8/19
梱包サイズ: 19.5 x 14.1 x 3.5 cm冷戦の「負の遺産」を清算できるのか?
ピュリツァー賞受賞、傑作ノンフィクション!

ソ連崩壊後、兵器実験施設の隠蔽工作、頭脳および原材料・機材の流出を
阻止すべく、ある「秘密作戦」が進行していた・・・。
米国の調査団は「冷戦の置き土産」にどう対処したのか、
「ナン=ルーガー法」が果たした大きな功績とは?

核・生物兵器の軍拡競争の実態、政治家や科学者の奮闘、CIAやKGBの暗躍を、
米「ワシントン・ポスト」紙の記者が、最新公開資料を駆使して精細に描く。
[地図・口絵写真収録]

「一行はウランが保管されている建物に向かった。ドアにはすべて、ウェーバーがのちに南北戦争時代の南京錠と形容した古風なカギがかかっていた。大きく開け放って中に入ると、壁はコンクリート製、床は土で、高いところに窓があった。端から端まで、膝ほどの高さのレンガ製の台座が並んでいた。台座の上にはベニヤ板が何枚も敷かれ、その上に高濃縮ウランを収めた鋼鉄製のバケットやキャニスターが並べられ、連鎖反応を避けるため、それぞれ一〇フィート(約三メートル)ほど距離があけられていた。どの容器にも小さな金属製の名札が付いていて、中身とその分量がわかった。」
第21章「サファイア計画」より

[目次]
第2部
第11章 レイキャヴィクへの道
第12章 武器よさらば
第13章 細菌、毒ガス、そして秘密
第14章 失われた年
第15章 最大の突破
第16章 不穏な年

第3部
第17章 大変動
第18章 科学者たち
第19章 発覚
第20章 エリツィンの約束
第21章 「サファイア計画」
第22章 悪との対峙

エピローグ/謝辞/訳者あとがき/略語一覧/主要人名索引

[原題]The Dead Hand
posted by ゴロゴロ at 13:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする