2018年03月26日

怒鳴るだけのざんねんコーチにならないためのオランダ式サッカー分析 単行本



単行本(ソフトカバー): 240ページ
出版社: ソル・メディア (2017/7/27)
言語: 日本語
ISBN-10: 4905349346
ISBN-13: 978-4905349341
発売日: 2017/7/27
梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cmオランダで認められた日本人アナリストの初著作!

オランダサッカーには誰でも使える公式があります。同じものを見ても人によって感じ方は違います。サッカーを分析するには共通の基準が必要と合理的なオランダ人は考えました。年齢、性別、国籍、レベルにかかわらない独自の分析メソッドを知りたくないですか?


<目次>
はじめに

第1章 サッカーとは何か?
コラム1 分析論は料理のレシピ作り

第2章 「客観」のオランダと「主観」の日本
コラム2 超客観主義者のファン・ハール

第3章 「サッカーの構造」をシンプルに分解する
コラム3 メンタルとは何でしょう?

第4章 あなたの言葉が選手に伝わらない理由
コラム4 名スカウトに聞いたいい選手≠フ条件

第5章 フィールドを3つに分ける
コラム5 分析の怪人トニー・ブランスロット

第6章 自分たちのサッカーってなんだ?
コラム6 ブランド重視の監督選びは非効率

第7章 分析ができるコーチは怒鳴らない
コラム7 白井式「フィルター分析」のススメ

第8章 トレーニングには「公式」がある
コラム8 「分析=相手のスカウティング」ではない

特別収録 欧州最先端のアナリスト事情

おわりに
posted by ゴロゴロ at 00:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする