2018年03月20日

ほんとうに頭がよくなる 世界最高の子ども英語――わが子の語学力のために親ができること全て! 単行本



単行本(ソフトカバー): 328ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2017/12/7)
言語: 日本語
ISBN-10: 4478102376
ISBN-13: 978-4478102374
発売日: 2017/12/7
梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm★IQ・論理力が高まり、みずから学ぶ子になる!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
★応用言語学、脳科学、教育心理学…科学的根拠(エビデンス)も豊富に掲載!
★“英語ペラペラ"だけでおわらない「学習法&環境づくり」の決定版!!

▼「10歳を過ぎたら手遅れ」ってほんとう?▼
▼なぜ「映像」が最強の学習ツールなのか?▼
▼「国語力」や「成績」もアップする教材は?▼

バイリンガルの姉弟2人を育てた元イェール大学助教授が語る、
トップクラスの人気塾で3000人超が実践したメソッド!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◎なぜ「国語」の点数がまず上がるのか?――知性が磨かれる英語メソッド

「外国語学習の機会が、子どもの知力やIQを高める」
――アカデミックな研究分野では、こうした知見が蓄積されつつあります。

子どもに英語を学ばせたい親御さんたちも、
「英語がペラペラになればそれでいい」などとは思っていないはずです。
そうではなく、世界のどこでも生きていける頭のよさ、
つまり「本物の知性」をわが子に身につけてほしいのではないでしょうか。

実際、著者が代表を務める英語塾では、
「英語」よりも先に「国語」の成績がアップする生徒が多いそうです。
これは、表面的な知識インプットではなく、「ことばの力」を底上げする
「独自の方法」が採用されているからにほかなりません。

本書は、「ほんとうに頭がいい子」を育てたい大人のための
「世界最高の子ども英語学習メソッド」の決定版です。


◎いまの科学で「いちばんいい! 」と言える学習法――SLA理論

イェール大学助教授だった著者が、日本でゼロから起業した英語塾は、
立ち上げからわずか数年で3000人超の生徒を集めるまでに成長しています。
この背景にあるのが、応用言語学や脳科学、教育心理学などの
「科学的根拠(エビデンス)」に沿った教授法です。

事実、「どうすれば外国語が身につくのか?」については、
第二言語習得(SLA)という学術分野で大部分が明らかになっています。

この「原理」に沿った学習をすれば、子どもたちの英語力も確実に高まります。
ただし、これは従来の「学校英語」とはまったく異なるメソッドですから、
まずは親が「古い常識」を捨てなければなりません。

SLAを専門的に研究する講師陣の全面バックアップのもと、
親が知っておきたい「言語習得の科学メカニズム」もコンパクトに解説!

◎どんな教材がベスト?――今日からはじめられるヒント満載!
2020年度からは小学校でも「英語」が正式導入されます(2018年度から一部開始)。
また、大学入試でも4技能型の「英語」テストがはじまりつつあります。

これらの波に流されないために、家庭で何をやればいいのか?
だれにでもできることをコツコツとやっていくだけです。
親御さん自身が「英語が得意かどうか」は関係ありません。

成績アップ・大学入試はもちろん、本格的な英語力・知力の養成にも対応した
年齢別「おすすめ学習法28選」「おすすめ教材85選」も充実させました!
出版社からのコメント

■本書の構成
【PROLOGUE】なぜ英語が「本当に賢い子」を育てるのか

PART 1 基本編
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【CHAPTER 1】英語を自分で♀wべる子に育てる ― 「文字」ではなく「音」で学ぶ
【CHAPTER 2】「英語のアタマ」をわが子に授ける ― 「断片」ではなく「まとまり」で学ぶ
【CHAPTER 3】「ただの英語上手」で終わらない ― 「英語を」ではなく「英語で」学ぶ
【CHAPTER 4】優秀な親ほど誤解する5つのこと

PART 2 実践編
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【STAGE 1】英語で「遊んで」好きになる ― Activity Based Approach
【STAGE 2】英語が「気になる耳」になる ― Phonemic Awareness
【STAGE 3】英語にも「文字」があると気づく ― Literacy Based Approach
【STAGE 4】英語の「音と文字」を結びつける ― Balanced Literacy Approach
【STAGE 5】英語で「コンテンツ」を楽しむ ― Content Based Approach
【STAGE 6】英語にも「ルール」があると理解する ― Content Based Approach
【STAGE 7】英語の「全文法」をマスターする ― Grammar Based Approach
【STAGE 8】英語で「知性と教養」を磨く ― Content and Language Integrated Learning

【EPILOGUE】「世界で通用する人」とは?
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする