2018年03月20日

国語って、子どもにどう教えたらいいの? 音読から読解問題、作文・読書感想文まで、効果抜群のアドバイス集 単行本



単行本(ソフトカバー): 186ページ
出版社: 大和出版 (2017/9/9)
言語: 日本語
ISBN-10: 4804762825
ISBN-13: 978-4804762821
発売日: 2017/9/9
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cmどうすれば語彙力がつくの?
読解問題にはどう取り組ませればいいの?
作文・読書感想文を書くときのコツは?

国語指導のカリスマが、よくある悩みを解決する方法を明快に提示。この1冊で、自然と「本当の国語力」が身につく!
出版社からのコメント

◆家庭で国語を教える際の“とっかかり"となる19の「声かけ」と、5つの「心構え」を、厳選して紹介! !

◆こんなあなたにおすすめです!
【わが子の国語力は、恥ずかしくて他人には相談できないようなレベル】
……授業参観に行くのもつらい。でも、放っておくわけにはいかない。親である自分が何か手を打たなくては、と思っている。とっかかりになる簡単な方法を、まずは知りたい。
【塾に通わせているが、なかなか伸びない】
……でも、しばらく続けたのだし、やめさせるのはもったいない。なんとかして家庭でサポートしたいが、国語についてはどう教えてよいのか見当もつかず、困っている。
【国語の教え方の本をいくつか読んだが、試してもあまりうまくいかなかった】
……読解問題での線引きのしかたについての本や、作文の書き方のマニュアル本など、あれこれ手を出してみたが、内容が細かすぎて消化しきれなかった。もう少し大きな枠組みを示してくれるような本がないかと思っている。

◆全体は4つのパートで構成されています。
◎パート1(基礎)
「音読のさせ方」「漢字練習のさせ方」などについて述べるとともに、「文字が雑」「語彙が少ない」「読点(、)がうまくつけられない」などといった悩みを解決するためのヒントも含めて、基礎的なことがらの解決法を列挙。
◎パート2(読み)
読解問題を家庭でどう教えればよいのか。お子さんが持ち帰ってきたテストを目にした際にお母さんお父さんがまず感じるであろう疑問や悩みからスタートしているため、すぐ行動に結びつけ、役立てることができます。
◎パート3(書き)
作文、日記、読書感想文、あるいは、模試・入試における意見文。こういった文章は、自由度が高いというのが特徴です。自由度が高い。どう書いてもよい。そういう文章ほど、子どもにとっては書きづらいもの。自由な課題ほど、不自由になってしまう――このパラドックスを解決するための入口を、たくさん用意しました。
◎パート4(心構え)
より視点を広げ、読書が必要な本当の理由、国語力とは何か、教えるとはどういうことか、などといった本質的なことがらについて、述べています。
posted by ゴロゴロ at 02:10| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする