2018年03月19日

世界天才紀行――ソクラテスからスティーブ・ジョブズまで 単行本



単行本(ソフトカバー): 448ページ
出版社: 早川書房 (2016/10/21)
言語: 日本語
ISBN-10: 4152096454
ISBN-13: 978-4152096456
発売日: 2016/10/21
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cmヤマザキマリ氏(漫画家)推薦!
「天才が育まれてきた環境には、彼らの特異性を受け入れる土壌と、それを認める寛大な社会があった! 」

古今東西の天才たちを輩出した土地をたずね歩く、愉快で深い旅行記。

〇ソクラテスもプラトンもアテナイを歩き回って思索を深めた。
〇レオナルド・ダ・ヴィンチとミケランジェロはフィレンツェの路上で口論した。
〇アダム・スミスとデイヴィッド・ヒュームはエディンバラのパブで日夜議論を闘わせた。
〇モーツァルトはウィーンの喧騒を愛し、ベートーヴェンはこの街で数十回の引っ越しをした。
〇失敗に寛容なシリコンバレーで、スティーブ・ジョブズはアイデアを育んだ。

きら星のごとき天才たちが、特定の時代の特定の場所に集団で現れるのはなぜか?
世界的ベストセラー『世界しあわせ紀行』の著者が、古今東西の天才を生んだ土地を訪ねて、
アテネからシリコンバレーまで7都市を旅するユーモアとウィットあふれる思索紀行。

装画:オグニ舞
装幀:Malpu Design(清水良洋)
posted by ゴロゴロ at 11:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする