2018年03月19日

科学と宗教 (サイエンス・パレット) 新書



新書: 224ページ
出版社: 丸善出版 (2013/9/26)
言語: 日本語
ISBN-10: 4621087088
ISBN-13: 978-4621087084
発売日: 2013/9/26
梱包サイズ: 17.2 x 11.2 x 1.6 cm「科学と宗教」関係の議論の定番のテーマは、
とくにガリレオ・ガリレイとチャールズ・ダーウィンに対する理解の変遷、
奇跡や自然の法則や科学的知識に関する哲学的議論、量子力学から神経科学までの
近代科学の有する宗教的・道徳的な含意をめぐる議論です。

この分野を論じる者はしばしば熱く論争的になりますが、
それは論者が自然と神に関する自己の信念に
それだけ思い入れているということでもあります。
そうした信念の起源と機能を明らかにするのが、本書の課題です。

本書の意図は、そもそも何が問題となっているのかを詳らかにし、
これに対する公平な説明を施すことにあります。
人々が、十分に問題点を理解した上で、科学と宗教に関して
さまざまに異なる意見をもつことができるようにお手伝いすることを意図しています。
posted by ゴロゴロ at 02:18| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする