2018年03月19日

西洋天文学史 (サイエンス・パレット) 新書



新書: 158ページ
出版社: 丸善出版 (2013/5/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4621086677
ISBN-13: 978-4621086674
発売日: 2013/5/25
梱包サイズ: 17.4 x 11.2 x 1.4 cm「天文学」の始まりは、人類が農耕を行うようになった時代、
紀元前2000年頃にまで遡ることができる。
農作物の栽培や収穫時期を知るため、1年の周期を正確に把握する必要から、
暦づくりがその発端とされている。以降、人類の発展とともに天文学も進歩し、
16世紀に入って、ケプラーやガリレオ、ニュートンなどにより天文学は
飛躍的に進歩することになる。とはいえ、観測機器に乏しく、
理論も確立されていない先史、古代時代にすでに宇宙の多くを
把握していたと考えられている。

本書では、天文学の始まった先史時代から19世紀までを、
各時代の宇宙観、観測の歴史などとともに時間軸に沿って直線的に解説する。
posted by ゴロゴロ at 00:22| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする