2018年03月13日

素粒子物理学をつくった人びと〈下〉 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ) 文庫



文庫: 538ページ
出版社: 早川書房 (2009/4/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150503486
ISBN-13: 978-4150503482
発売日: 2009/4/28
梱包サイズ: 15.6 x 10.8 x 2.6 cm2008年ノーベル賞を与えられた対称性の自発的破れとは一体何なのか。素粒子にはなぜ「香り」や「色」があるのか。素粒子物理学の謎めいた側面は、その歴史を知ればがぜん興味深くなる。アインシュタインからファインマン、南部、ワインバーグ、ゲルマンといった天才たちがどんな発想で難題を解決し、その理論を実験家が匠の技と駆引きとでいかに立証したか…物理学者の営みを詳細なインタビューで再構成する名著。(全2巻)。
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする