2018年03月12日

元素をめぐる美と驚き──アステカの黄金からゴッホの絵具まで(下) (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) 文庫



文庫: 314ページ
出版社: 早川書房 (2017/4/6)
言語: 日本語
ISBN-10: 4150504946
ISBN-13: 978-4150504946
発売日: 2017/4/6
梱包サイズ: 15.8 x 10.6 x 1.2 cm一見無味乾燥に思える元素周期表に並ぶ元素には、
そのひとつひとつに驚くほど豊かな物語が秘められている。
かつては金銀より珍重されたのに今や安価なイメージの金属。
クレオパトラが贅沢な晩餐会の主菜としたあるものとホワイトハウスとの関係。
ゴッホやモネら印象派の画家たちに色彩革命をもたらした顔料。
7つもの新元素が発見されたスウェーデンの小さな村――。
歴史、地理、物理、経済、美術、文学、映画、ファッションまで、
幅広い領域にわたる元素の文化史。
解説/佐藤健太郎
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする