2018年03月10日

弁護士の格差 (朝日新書) 新書



新書: 208ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2018/1/12)
言語: 日本語
ISBN-10: 4022737484
ISBN-13: 978-4022737489
発売日: 2018/1/12
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1 cm弁護士サバイバル時代到来――時代を如実に映す《弁護士の格差》を追え!

かつて「聖職」ともいわれ、多額の報酬と尊敬を得られた職業「弁護士」の世界にも
《格差》の波が拡がっている。

その5割が所得400万円以下といわれる経済格差、
金バッジをつけながら一度も裁判経験がないというスキル格差、
はたまたトンデモ先生≠フ無法な実態に呆れてものがいえない意識格差まで徹底ルポ。

「過払い金整理」「離婚調停」の落とし穴から、 アディーレ事件の本質をも詳述する渾身作。


(目次)
【プロローグ】
●〈勝ち組〉なのか〈負け組〉なのか
●「アディーレ」夜明け前
●「いい先生」か「悪い先生」か
●「多すぎる」弁護士たち
●《スキル格差》の実態
●〈法律家〉か〈サービス業〉か

【第1章】 弁護士が教える弁護士の探し方と選び方
●いったい、いくらかかるのか
●拡がる弁護士の《費用格差》
●《費用格差》が生まれた理由
●弁護士の人気商売〞化
●料亭だけの世界から、ファミレス、激安店まで
●いい弁護士の選び方
●誰かしら6人介せば辿り着く
●不倫で慰謝料を請求された独身女性の場合
●〈街弁〉ベテランの重鎮弁護士――旧日弁連報酬基準
●〈新興法律事務所〉――事件〞次第で弁護士費用が変わる⁉
●打ち合わせは「ファミレス」の〈格安弁〉

【第2章】 弁護士の《経済格差》
●切実な低所得化
●弁護士による「横領」
●ビジネス〞としての良し悪し
●組織力〞の〈新興大手〉法律事務所
●個人商店・商店街〈街弁〉vs大手流通店〈新興大手〉
●広告・宣伝の効果はほとんどなし
●新時代の三種の神器
●「地道に仕事をすれば仕事は得られる」
●ベテラン〈街弁〉事務所のこだわり
●カネにならない〞刑事事件
●〈ヤメ検〉といえども民事事件
●刑事事件の費用額の相場
●〈私選弁護人〉と〈国選弁護人〉の差
●「裁判所が嗤う事件」も引き受ける時代へ
●SLAPP訴訟の実態

【第3章】 〈旧司組〉vs〈新司組〉――その《格差》とは?
●食えない資格ナンバーワン
●プラチナ〞からシルバー〞、銅〞へ
●合格率約2%から約23%へ
●〈旧司法試験〉の難関伝説
●不合格から「ひと桁合格」へ
●真の力量格差
●法科大学院制度の功罪
●実務における違い
●事件の小口化〞で金脈
●弁護士増えれども増えない事件
●「数」を捌けない弁護士という職
●「年200万円」という嘆き

【第4章】 弁護士の《意識格差》
●在日コリアン弁護士の《意識格差》
●〈ヤメ判〉弁護士の実像
●弁護士会を否定する弁護士が出てくる時代
●本物は表には出ない
●「依頼者に寄り添う」弁護士とは
●弁護士人口「6万人」時代へ
●「専門性」が意味するもの
●「得意分野」や「ライフワーク」を持つ実像
●志を持つにもカネがいる
●増加する〈企業内弁護士〉
●「法テラス」の孕む問題

【エピローグ】
●司法制度改革の真の目的
●〈法の僕〉か〈依頼者の僕〉か
●時代のケジメ
●司法へ臨む姿勢
posted by ゴロゴロ at 23:31| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする