2018年02月26日

無我―「私」とはなにか― (サンガジャパンVol.26) 単行本



単行本: 353ページ
出版社: サンガ (2017/5/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4865640843
ISBN-13: 978-4865640847
発売日: 2017/5/1
梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 1.9 cm【特集】
無我―「私」とはなにか―

「自分探し」という言葉が、一昔前に流行ったことがある。
旅に出たり、人と出会ったり、新しい経験を積むなどして、どこかにあるはずの「本当の自分」を探す行為である。
しかし、今、「本当の自分」という概念は問い直される時代に差し掛かっている。
だからこそ、「無我」である。
本特集では、「『私』とはなにか?」という問いを起点に、仏教の最重要概念である「無我」について探求する。
(扉より一部抜粋)


【特集】
●「私」とは幻想である――仏教と幸福学の対話 心とは何か? 幸せに生きるとはどういうことか?
対談:アルボムッレ・スマナサーラ×前野隆司

●無我とは何か――考えても考えても、疑問は尽きません。
インタビュー:ネルケ無方

●自我、真我、無我について――「気づき(サティ、マインドフルネス)」はいかにして可能か
執筆:永井均

●二つの河を渡って――心理学、トランスパーソナル、初期仏教のあいだ
執筆:石川勇一

●ラマナ・マハルシと真我の探究
執筆:中川吉晴

●無我の学びによって、死の悲しみを癒す
執筆:パイサーン・ウィサーロ、浦崎雅代

●大切な三つの経典と「我」を超えるための修行のあり方――西洋を代表する僧院の副僧院長に聞く経典との向き合い方と修行の心得
インタビュー:チャン・ニャーナラトー

●阿頼耶識を発見し、無我を体験する、唯識的生き方のすすめ
インタビュー:横山紘一

●梅田 蔦屋書店人文コンシェルジュと読む「無我への扉」
執筆:三砂慶明


【連載】
●連続対談 第一回
マインドフルネスの諸相を探る
対談:井上ウィマラ×大谷彰

●パーリ経典解説 連載第二回
スッタニパータ(経集)第五「彼岸道品」一、アジタ仙人の問い〔後編〕
執筆:アルボムッレ・スマナサーラ

●連載第十回
日本仏教は仏教なのか?
執筆:藤本晃
posted by ゴロゴロ at 04:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする