2020年12月02日

阿部慎之助の野球道

阿部慎之助の野球道 - 阿部慎之助, 橋上秀樹
阿部慎之助の野球道 - 阿部慎之助, 橋上秀樹




発売日 : 2020/9/29
単行本 : 264ページ
ISBN-13 : 978-4198650919
ISBN-10 : 4198650918
出版社 : 徳間書店 (2020/9/29)
言語: : 日本語



阿部慎之助が初めて語り尽くした
ジャイアンツ一筋、現役19年の軌跡と
野球道の真髄――。

安田学園高校の先輩であり、一軍戦略コーチとして
ジャイアンツのリーグ3連覇と、阿部の打棒復活に
貢献した橋上秀樹との対話から紐解く

二軍監督として球団を支える今
常勝軍団はどう映るのか。
球界屈指の名参謀は後輩の成長をどう見てきたか
野球ファンが長年待ち望んでいた
ジャイアンツの至宝、初の書籍刊行!

<本書の主な内容>
・「キャッチャー目線」で考えた長嶋監督
・阿部の送りバントと相手ピッチャーの反応
・巨人での采配を夢見ていた野村監督
・工藤、桑田……捕手を鍛える投手の思考
・村田真一を押しのけての一軍起用
・森友哉のどこに期待をするのか
・巨人の某先輩いわく「フェラーリを買いなさい」
・古田と正反対「打たれたら引きずるタイプ」
・大田泰示が日ハムで成功した脱・巨人流
・内田順三、弘田澄男の鬼コーチからの学び
・球数制限の時代にピッチャーを成長させるために
・練習せずとも結果を出していた天才肌の某選手
・「余力を持って引退したこと」のメリット
・いい当たりのアウトよりどん詰まりのヒット
・金城龍彦の打棒はまったく読めなかった
・投手となぜか目が合う打席
・原監督と2人だけしか知らない「あのサイン」
・常に最悪な状況を考える「マイナス思考」
・シフトを敷かれるのは好打者の証
・究極は「オレが投げて打たれたわけじゃない」
・かつては「ポテンヒットの阿部」だった
・あえてフライを打つ松井秀喜のティー打撃
・「あの名選手はオレが育てた」と言いたがる者
・スタメンより代打でホームランが難しい
・内川聖一がチームバッティングをする意味
・スタンリッジは無条件に苦手なピッチャー
・柳田悠岐のマン振りをマネする者へ
・WBCで見せた中田翔の打撃創意工夫
・必要なのはチーム打率ではなく得点力だ
・巨人とソフトバンクの差はどこにあるのか
・ひざをかすめた大谷翔平の「162キロ」
・甲子園における巨人軍と阿部はヒールか
・コロナ禍の異例シーズンで巨人が好調な理由
・杉内、村田ほかFA移籍組を含むコーチ陣
・大学生を相手に敗北した巨人二軍
・二軍全員に「送りバント」のサインを出す!
ほか

阿部慎之助の野球人生との交錯 橋上秀樹

第1章 プロフェッショナルとは何か

第2章 巨人の二軍選手をどう鍛えるか

第3章 キャッチャーが背負わされた運命

第4章 バッティングはチームのためか己のためか

第5章 巨人軍と阿部慎之助の未来

野球道を極めるために 阿部慎之助
posted by ゴロゴロ at 06:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

敗者復活

敗者復活 - 元永知宏
敗者復活 - 元永知宏






発売日 : 2017/10/13
単行本 : 224ページ
ISBN-10 : 4309278892
ISBN-13 : 978-4309278896
出版社 : 河出書房新社 (2017/10/13)
言語: : 日本語



増渕竜義、入来祐作……ドラフト1位で華やかに入団後、厳しいプロの世界で挫折を味わいながらも苦闘し、今は引退後の新しい人生に挑む7人の姿に迫るノンフィクション。

ドラフト1位で華やかに入団するも、プロの壁を前に期待されるような活躍ができず、どん底でもがき苦しんだ7人の元選手たち。野球で脚光を浴び、全てを注ぎながら一度は敗者となった男たちは、挫折の中で何を掴み、引退後の全く新しい人生を一からどう生き直していったのか。
「挑戦するのに遅すぎることはない」……悔しさや無念を力に変え、今は別の場所で再び輝く元ドラフト1位たち7名にインタビュー、彼らのリベンジの軌跡に迫る。
プロ野球ファンはもちろん、人生の再起、新しい出発を目指す多くの方々の心にも響く一冊。

【目次より】 --------------------------------------

●150キロ右腕が引退を選んだ理由
増渕竜義(2006年、東京ヤクルトスワローズ1位
→野球スクール『Go every baseball』塾長)
●少しぐらいバカにされてもいつも謙虚で
入来祐作(1996年、読売ジャイアンツ1位
→福岡ソフトバンクホークス三軍コーチ)
●野球の才能は別の世界で通用しない
桧山泰浩(1985年、近鉄バファローズ1位
→司法書士)
●「2年目のジンクス」に敗れた新人王候補
真木将樹(1997年、近鉄バファローズ1位
→法政大学野球部コーチ)
●覚醒しなかった三拍子揃った大型内野手
渡辺正人(1997年、千葉ロッテマリーンズ1位
→石川ミリオンスターズ監督)
●野球をやめたら「人間」が問われる
田口竜二(1984年、南海ホークス1位
→白寿生科学研究所 人材開拓課課長)
●「巨人のドラ1」のプライドが消えた瞬間
横山忠夫(1971年、読売ジャイアンツ1位
→手打ちうどん『立山』店主
posted by ゴロゴロ at 05:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

俺たちの「戦力外通告」

俺たちの「戦力外通告」 - 高森 勇旗
俺たちの「戦力外通告」 - 高森 勇旗





発売日 : 2017/12/19
ISBN-10 : 4863101945
寸法 : 11.6 x 1.2 x 18 cm
出版社 : ウェッジ (2017/12/19)
単行本(ソフトカバー) : 212ページ
ISBN-13 : 978-4863101944
言語: : 日本語




第1章より~~
今日、戦力外通告を受ける。
そのことは、昨日の電話で既に知っている。朝、いつもと同じように起き、同じ道を通っ て球場に向かう。いつもと違うのは、スーツを着ているということ。ただ、それだけである。
それだけなのに、この気持ちはなんだろう。
長い野球人生だった。小学校3年生のときに半ばやらされて始めた野球は、いつのまにか 人生の中心にあった。試合に勝つこと、仲間と協力すること、思い通りにならないこと、そ して、自分自身を高めること。人生において大切なことはすべて、野球から教わった。プ ロ野球≠ニいう一つの完成されたフィクションに、人生のすべてを注ぎこんできた。それが、 今まさに終わろうとしている。
「どんな気持ちになるのかな」
情熱のすべてを注ぎこんできたものが終わる時、自分自身は正気でいられるだろうか? 取り乱したりしないだろうか? どこか他人事のようにそんなことを考えていた。
抜けるような高い空に、風が吹き抜けていく。金木犀の香りが濃く香る日だった。横須賀 港に停泊している軍艦は、今日も波に揺られてギシギシと音を鳴らしている。グラウンドで は、来年≠ノ向けて選手たちが練習を始めていた。それは、昨日までと変わらない、いつ もの光景だった。
(…)
~~~~
posted by ゴロゴロ at 04:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

プロ野球を選ばなかった怪物たち

プロ野球を選ばなかった怪物たち - 元永知宏
プロ野球を選ばなかった怪物たち - 元永知宏




発売日 : 2018/11/7
単行本(ソフトカバー) : 238ページ
ISBN-10 : 4781617239
ISBN-13 : 978-4781617237
出版社 : イースト・プレス (2018/11/7)
言語: : 日本語



彼らにとっての「夢の舞台」はどこだったのか! ?
知られざるアマチュア球界のスターの決断と、その人生

すべての野球少年が夢見る舞台、"プロ野球"。そこは選ばれし一握りの者だけが集う、非常に狭き世界である。しかし、高校、大学、社会人野球などで大活躍し、プロが熱望するスーパースターであったにもかかわらず、あえてプロ野球界に足を踏み入れなかった名選手たちがいる。
彼らは何を思い野球に打ち込んだのか。なぜ栄光を胸に秘めながら、現役のユニフォームを脱いだのか。
自らの意志で、自らの道を歩んだ男たちの生き方に迫る!

オリンピック日本代表として3連続出場を果たした「ミスターオリンピック」杉浦正則。「小さな大投手」と呼ばれ、星野仙一、田淵幸一、山本浩二、高田繁らがいた六大学黄金時代に不滅の48勝を挙げた山中正竹。社会人野球からパナソニックの重役となり、高校野球の名監督としても知られることになる鍛治舍巧。選手としてオリンピック代表に選ばれ、新日鐵君津、早稲田大学の監督としても、渡辺俊介、森慎二、斎藤佑樹らを育てた應武篤良。慶應大学の絶対的なエースとして53イニング連続無失点記録を樹立するなど、伝説的な活躍を見せながらスッパリと野球を辞めた志村亮。浦和学院の主将としてセンバツで優勝、大学野球でも日本一に輝いたエリート野球人・山根佑太。そして番外編として、東大史上4人目のプロ野球選手として日本ハムに入団し、現在はGM補佐を務める遠藤良平。
これは、一流選手として野球に真摯に向き合い、今なお野球を愛する野球人たちの記録である。

*******************************

第一章 山根佑太――東京六大学のスラッガーはなぜ野球をやめたのか
第二章 杉浦正則――世界の頂点を目指した"ミスター・オリンピック"
第三章 鍛冶舍巧――パナソニック人事部長から高校野球の名監督に
第四章 志村 亮――ビジネスマンを選んだ伝説の左腕
第五章 應武篤良――"プロ"へと育てる"アマチュア"球界の名将
第六章 山中正竹――"小さな大投手"は球界の第一人者へ
番 外 遠藤良平――プロに挑戦した東大のエース
posted by ゴロゴロ at 03:55| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ドラフト会議ノンフィクション (野球太郎セレクション)

ドラフト会議ノンフィクション (野球太郎セレクション) - 尾関雄一朗, 『野球太郎』編集部
ドラフト会議ノンフィクション (野球太郎セレクション) - 尾関雄一朗, 『野球太郎』編集部





発売日 : 2020/5/1
オンデマンド (ペーパーバック) : 62ページ
寸法 : 16.4 x 0.36 x 22.28 cm
出版社 : イマジニア (2020/5/1)
ASIN : B087HD8HB6
言語: : 日本語




チームはどの選手の交渉権を獲得できるか、選手は指名されるかどうか、チーム、選手ともに今後の人生を大きく左右し、未来を決めるドラフト会議。

各球団のスカウトはこの日のために、1年中、寒い日は耐え忍び、暑い日は汗水たらし、選手を追い続けます。

複雑な心境、想いが交差するドラフト会議の知られざる裏側を徹底取材!

他媒体では読むことができないドラフト会議のその日、なにが起こったか……スカウト目線からのドラマ「ドラフト会議」をお送りします。
posted by ゴロゴロ at 03:15| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書)

名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書) - 江夏 豊
名投手 - 江夏が選ぶ伝説の21人 - (ワニブックスPLUS新書) - 江夏 豊





発売日 : 2020/8/24
新書 : 207ページ
ISBN-10 : 4847066456
ISBN-13 : 978-4847066450
出版社 : ワニブックス (2020/8/24)
言語: : 日本語




自身の現役時代はもちろん、引退後も積極的に現場に赴き、
常にプロ野球の「今」を見続けてきた著者が、
半世紀以上に及ぶ記憶の中から名投手について語り尽くします。

金田正一、稲尾和久、北別府学、野茂英雄、松坂大輔、ダルビッシュ有、菅野智之……

登場する投手は総勢50名!
プロ野球の歴史書と言っても過言ではない一冊です!!

posted by ゴロゴロ at 03:11| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

再起――東京ヤクルトスワローズ~傘の花咲く、新たな夜明け~

再起――東京ヤクルトスワローズ~傘の花咲く、新たな夜明け~ - 長谷川晶一
再起――東京ヤクルトスワローズ~傘の花咲く、新たな夜明け~ - 長谷川晶一





文春野球コラムで日本一に輝いた最強ヤクルト軍団!96敗からの見事な「再起」を追体験。さらなる躍進を期待せずにはいられない!



発売日 : 2019/3/15
単行本(ソフトカバー) : 352ページ
ISBN-10 : 4295005894
ISBN-13 : 978-4295005896
出版社 : インプレス (2019/3/15)
言語: : 日本語



posted by ゴロゴロ at 03:04| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

元ヤクルトスワローズチーフスカウト鳥原公二 プロ野球スカウトの裏話 トリ物帖

元ヤクルトスワローズチーフスカウト鳥原公二 プロ野球スカウトの裏話 トリ物帖 - 公二, 鳥原
元ヤクルトスワローズチーフスカウト鳥原公二 プロ野球スカウトの裏話 トリ物帖 - 公二, 鳥原




発売日 : 2020/8/25
ISBN-10 : 4807265598
ISBN-13 : 978-4807265596
単行本 : 208ページ
出版社 : 舵社 (2020/8/25)
言語: : 日本語




夕刊フジ連載の「元ヤクルトチーフスカウト鳥原公二 トリ物帖
全31回をベースに、多くの原稿を加筆し改題したもの。
1987年から2016年までにドラフトされた選手の中から、印象に残った選手をピックアップし、当時の様子を紹介。また、それぞれの選手のアマチュア時代のプロフィールも掲載。

第1章 スカウト活動の裏話1
長嶋一茂 1987年 一茂は大物≠セった
川崎憲次郎 1988年 スカウト第一号の川崎憲次郎が2年生でビックリ
古田敦也 1989年 「メガネをかけている」の真相は
高津臣吾 1990年 小池秀郎が当たっていれば岡林洋一も高津臣吾も獲れなかった
石井一久 1991年 九州から関東に担当替えで石井一久を獲得
伊藤智仁 1992年 松井秀喜よりも伊藤智仁を野村克也監督が推したワケ
清水千曲 1992年 創価に清水千曲という、いい選手がいるんだけど
山部太 1993年 山部太の腰に針が発覚でビックリ
稲葉篤紀 1994年 耳を疑った稲葉篤紀の指名
野村克則 1995年 カツノリの入寮で母サッチーが部屋から出てこない
伊藤彰 1996年 1位指名が最後まで決まらず伊藤彰を指名
高橋由伸 1997年 相思相愛のはずの高橋由伸がまさかの巨人逆指名
五十嵐亮太 1997年 野村克也監督の潔さで五十嵐亮太を獲得
松坂大輔 1998年 親会社が後押しも松坂大輔を強行指名できず
赤星憲広 2000年 赤星憲広はチーム事情で獲得を見送った
石川雅規 2001年 苦戦した逆指名を巡る石川雅規の争奪戦
高井雄平 2002年 雄平の両親からうれしい言葉
青木宣親 2003年 青木宣親が大化け、4位以降がスカウトの腕のみせどころ

コラム 野村克也さん

第2章 現役時代
プロ初アウトは王貞治さんから
宮崎商業から東洋紡岩国に入社
ヤクルトからまさかのドラフト指名
1年目に日本一
緊急登板でプロ初勝利
抑えでプロ野球の素晴らしさを痛感
最後の試合で初安打と盗塁
原辰徳キラーとして自信
幻のメジャーリーグ挑戦話
入団時の監督は広岡達朗さん
松岡さんは天才、何をやっても凄かった
入団した頃の正捕手は大矢明彦さん
甲子園のアイドルだった荒木大輔投手、当時の人気はハンパではない
同期入団の尾花高夫は若い時から違った

第3章 スカウトとは
スカウトは人脈づくりに地道な作業が大切
夏は暑く、春は寒い甲子園視察
ストップウォッチ計測やビデオ撮影も統一
選手のランク分けのチェック項目
調査票で入団の有無を確認
シミュレーションは入念に4、5パターン
契約金の交渉も大変
育成選手は倍の練習では差は縮まらない

第4章 スカウト活動の裏話2 チーフスカウトになってから
松岡健一 2004年 上手くいった松岡健一の逆指名
村中恭兵 2005年 衝撃を受けた村中恭兵と評価の低かった川端慎吾
田中将大 2006年 田中将大回避で増渕竜義指名の裏事情
加藤幹典 2007年 10年に1人の逸材が活躍できない理由
赤川克紀 2008年 10年は安泰だと思ったドラ1四兄弟
中村悠平 2008年 正捕手が固定できず中村悠平獲得を強く訴えた
中澤雅人 2009年 謎電話がかかった中澤雅人を6年後に1位指名
佐藤貴規 2010年 二転三転し育成選手で指名した佐藤貴規
斎藤佑樹 2010年 斎藤ご両親から出された2つの条件
西田明央 2010年 西田明央を獲得へプロフィール修正
高橋周平 2011年 アドバルーンをあげた高橋周平を獲得できず
小川泰弘 2012年 低評価の石山泰稚とライアン小川獲得で大成功
大谷翔平 2012年 二刀流の大谷翔平は打者として考えていた
秋吉亮 2013年 上位で消えていたはずの秋吉亮を3位で獲得
大瀬良大地 2013年 大瀬良大地のくじを引きたかった
真中満監督 2015年 真中満監督よりも先にガッツポーズ
寺島成輝 2016年 甲子園は選手を比較できる貴重な機会
梅野雄吾 2016年 衝撃を受けた山本由伸を指名しなかった理由

ヤクルトスワローズ前監督 真中満
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ベースボールマガジン 2020年 12月号 特集:追憶の第1次長嶋巨人

ベースボールマガジン 2020年 12月号 特集:追憶の第1次長嶋巨人 - ベースボールマガジン編集部
ベースボールマガジン 2020年 12月号 特集:追憶の第1次長嶋巨人 - ベースボールマガジン編集部





発売日 : 2020/11/2
出版社 : ベースボール・マガジン社 (2020/11/2)
言語: : 日本語
ASIN : B08L8MX67G




1975-1980
追憶の第1次長嶋巨人


[カラーグラビア]
PROLOGUE
最下位、連覇、そして遺産……

クリーンベースボールの蹉跌
COVER STORY
長嶋茂雄
「脱川上野球、道険し」

SPECIAL INTERVIEW
新浦壽夫
「来る日も来る日も、2勝11敗の真実」

CLOSE-UP
王 貞治「NなきOの孤軍奮闘」

第1次長嶋巨人クロニクル【1975】

PICK-UP PLAYERS
忘れじのG戦士列伝

ミスターのジャイアンツ大改革
大胆トレード補強

SPECIAL INTERVIEW
高田 繁「不退転の三塁コンバート」

SPECIAL INTERVIEW
張本 勲
「巨人で知った、ファンあってのプロ野球」

第1次長嶋巨人クロニクル【1976-1977】

DOCUMENTARY
1976年と1977年の日本シリーズ

PICK-UP PLAYERS
忘れじのG戦士列伝

江川 卓の波紋
HUMAN STORY
1979年の番記者回顧録

CLOSE-UP
西本 聖
「江川さん、とは呼びたくなかった」

PICK-UP PLAYERS
忘れじのG戦士列伝

地獄の道場 伊東キャンプ物語
SPECIAL REPORT
伊東キャンプとは何か?

SPECIAL INTERVIEW
中畑 清
「嫌なことを思い出させるなよ(笑)」

CLOSE-UP
松本匡史
「ホームベースに向かって打て」

第1次長嶋巨人クロニクル【1978-1980】

COLLECTION
懐かしの助っ人列伝

UNIFORM DESIGN
長嶋巨人のユニフォーム改革

[モノクロ]
INTERVIEW
悪太郎の長嶋監督論
堀内恒夫[野球評論家]

1975年の巨人投手陣、大いに語る
「SAIKAI~あの年、巨人はなぜ最下位に沈んだのか~」

第1次長嶋巨人とドラフト
ミスターが惚れ込んだ金の卵たち

SPECIAL INTERVIEW
篠塚和典
「ミスターの最高傑作」

ANALYSIS
記録で読み解く1975年の巨人

PICK-UP
受け継がれる背番号

文化人トーク
えのきどいちろう[コラムニスト] × 石田雄太[ベースボールライター]
「再検証!長嶋巨人の劇的野球」

1975-1980
一軍出場全選手年度別成績

個人成績通算ランキング

EPILOGUE
長嶋茂雄、魂の2162日。

ベースボール・フィクション
「無観客試合」 作◎海川由春

[連載]
「ショウアップナイターの言葉学」(41)松本秀夫[フリーアナウンサー]
谷繫元信[元大洋・横浜、中日]「仮面(マスク)の告白」(41)
パンチ佐藤の漢の背中!(46)ゲスト◎田上健一[元阪神]
伊原春樹[野球解説者]の球界回顧録「追憶は回る、右腕とともに。」(44)
「魂の活字野球学」(33)文◎飯島智則[日刊スポーツ]
posted by ゴロゴロ at 01:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

熱闘!日本シリーズ 1993 ヤクルト-西武 [DVD]

熱闘!日本シリーズ 1993 ヤクルト-西武 [DVD] - スポーツ
熱闘!日本シリーズ 1993 ヤクルト-西武 [DVD] - スポーツ





アスペクト比 : 1.33:1
Is Discontinued By Manufacturer : いいえ
言語: : 日本語
梱包サイズ : 18.03 x 13.76 x 1.48 cm; 83.16 g
EAN : 4933364650153
製造元リファレンス : 43215-12868
メディア形式 : 色, ドルビー
時間 : 1 時間 34 分
発売日 : 2001/12/21
言語 : 日本語 (Dolby Digital 2.0 Stereo)
販売元 : 東北新社
ASIN : B00005RV39
ディスク枚数 : 1





名勝負と謳われた、プロ野球頂上決戦のダイジェスト。前年と同一対決となった西武VSヤクルト全7戦を網羅。野村ID野球が執念のリベンジを果たす!川崎の熱投、池山の快打、高津の力投などでヤクルトが西武を破ったリターンマッチのメモリアルDVD。
posted by ゴロゴロ at 00:41| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 EXTRA(2) [パ・リーグ編]

【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 EXTRA(2) [パ・リーグ編] (週刊ベースボール別冊初冬号) - 週刊ベースボール編集部
【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 EXTRA(2) [パ・リーグ編] (週刊ベースボール別冊初冬号) - 週刊ベースボール編集部





発売日 : 2020/11/11
出版社 : ベースボール・マガジン社 (2020/11/11)
言語: : 日本語
ASIN : B08LNFVQ8C



セ・パ誕生70年特別企画
「よみがえる1980年代」のプロ野球
EXTRA2パ・リーグ編

CONTENTS


さらば阪急、さらば南海
消えた関西2球団の詩。

1980年代の情景
80's Baseball Scene

パ・リーグのもっとも長かった一日
「10・19」の記憶


80年代のプロ野球を語る

PART.1
[西武スペシャル座談会]
伊原春樹×平野謙×石毛宏典
「素晴らしきかな、西武黄金時代」

PART.2
福本 豊「まさか、阪急というチームがなくなるとは思いませんでした」

PART.3
金村義明「80年代のパ・リーグは豪快でした」

1980 HERO'S CLOSE-UP
清原和博「記録」より「記憶」に残る男


あの瞬間、あの日、あの時代
1980年代の記憶。

FILE.01/バファローズの記憶
奇跡への号砲となったブライアントの4連発

FILE.02/ファイターズの記憶
大沢親分がむせび泣いた夜

FILE.03/オリオンズの記憶
落合博満「3度の三冠王の衝撃」

FILE.04/ホークスの記憶
大阪球場の涙


[編集部コラム]「10・19」喧騒の周辺で


激震STORY01/ 血肉わき踊る渾身の対決
1980年代名勝負

激震STORY02/誰もが驚いた衝撃のドラマ
1980年代事件史


80's ドラフト指名一覧

80年代の名言&迷言&珍言集
選手はかく語りき。

日本シリーズ/勝負が動いた名シーン
頂上対決のドラマ。


12球団FILE&OBに聞く
西武ライオンズ/松沼博久
阪急・オリックス ブレーブス/山沖之彦
近鉄バファローズ/村田辰美
日本ハムファイターズ/柏原純一
ロッテオリオンズ/水上善雄
南海・ダイエーホークス/山内孝徳

数字で振り返る1980年から1989年
80's DATA BOX

68選手完全チェック!
1980年代忘れじの助っ人たち

ユニフォーム物語

1980年代MVP&ベストナイン

オフの情景
posted by ゴロゴロ at 00:33| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 EXTRA(1) [セ・リーグ編]

【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 EXTRA(1) [セ・リーグ編] (週刊ベースボール別冊秋祭号) - 週刊ベースボール編集部
【セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 EXTRA(1) [セ・リーグ編] (週刊ベースボール別冊秋祭号) - 週刊ベースボール編集部





発売日 : 2020/10/7
出版社 : ベースボール・マガジン社 (2020/10/7)
ASIN : B08JLHQM1S
言語: : 日本語




セ・パ誕生70年特別企画
「よみがえる1980年代」のプロ野球
EXTRA1セ・リーグ編

CONTENTS


INTRODUCTION
80年代の二面性

1980年代の情景
80's Baseball Scene

80年代のプロ野球を語る

PART.1
SPECIAL INTERVIEW
掛布雅之 球団唯一の日本一へ導いた四番

PART.2
昭和ドロップ! オヤジたちの深堀トーク
定岡正二×篠塚和典×川口和久


80年代ライバル・ストーリー/江川卓×掛布雅之

1980 HERO'S CLOSE-UP
江川卓という男


あの瞬間、あの日、あの時代
1980年代の記憶

FILE.01/タイガースの記憶
1985.4.伝説のバックスクリーン3連発

FILE.02/カープの記憶
長嶋清幸~連夜の劇弾。背番号0「ミラクル男」の独白

FILE.03/ドラゴンズの記憶
1982.9.28 ナゴヤ球場が揺れた夜。

FILE.04/スワローズの記憶
広澤克実~黄金時代への布石を打った関根監督

FILE.05/ホエールズの記憶
スーパーカー・トリオの誕生


激震STORY01/ 血肉わき踊る渾身の名勝負!
1980年代七番勝負

激震STORY02/誰もが驚いた衝撃のドラマ
1980年代事件史


日本シリーズ/勝負が動いた名シーン
頂上対決のドラマ。

80's ドラフト指名一覧

80年代の名言&迷言&珍言集
選手はかく語りき。


12球団FILE&OBに聞く
読売ジャイアンツ/槇原寛己
広島東洋カープ/達川光男
中日ドラゴンズ/小松辰雄
阪神タイガース/山本和行
ヤクルトスワローズ/池山隆寛
大洋ホエールズ/田代富雄


数字で振り返る1980年から1989年
80's DATA BOX

76選手完全チェック!
1980年代忘れじの助っ人たち

ユニフォーム物語

1980年代MVP&ベストナイン

オフの情景
posted by ゴロゴロ at 00:29| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする