2019年11月28日

マツダ大全 ヒストリーからクルマづくりの真髄まで完全網羅 (SAKURA MOOK)

マツダ大全 ヒストリーからクルマづくりの真髄まで完全網羅 (SAKURA MOOK)
マツダ大全 ヒストリーからクルマづくりの真髄まで完全網羅 (SAKURA MOOK)


ムック: 146ページ
出版社: 笠倉出版社 (2017/4/24)
言語: 日本語
ISBN-10: 4773058374
ISBN-13: 978-4773058376
発売日: 2017/4/24
梱包サイズ: 30 x 21.2 x 1 cm


マツダは1967年に画期的なロータリーエンジンを搭載するコスモスポーツを発売。
その後、RX-7に発展させてレシプロエンジンのロードスターも人気車になりました。
この過程で生まれたのが「人間中心」や「人馬一体」のコンセプトです。
現在では「スカイアクティブテクノロジー」と呼ばれる新技術と「魂動デザイン」というブランド表現で、新世代の車種ラインナップを展開し、注目を集めています。
本誌ではマツダが情熱を持って取り組んできたその歩みと、現在取り組んでいるクルマづくりの本質について、じっくり紹介しています。

【コンテンツ】
ロータリーの実用化と飛躍

ロータリーの熟成とロードスターによる新たな歴史の始まり

今のマツダ車を支えるスカイアクティブテクノロジーと魂動デザイン

新世代ラインナップを徹底解説


posted by ゴロゴロ at 20:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

スピリット・オブ・ロードスター ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ

スピリット・オブ・ロードスター  ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ
スピリット・オブ・ロードスター ~広島で生まれたライトウェイトスポーツ


単行本: 232ページ
出版社: プレジデント社 (2016/11/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4833421984
ISBN-13: 978-4833421980
発売日: 2016/11/29
梱包サイズ: 19.5 x 14 x 2.4 cm


日本には、世界に誇る名車があります。広島発の世界企業、マツダ。この会社には、本当にクルマ好き人しかいません。このマツダのフラッグシップカーが、「ロードスター」です。

ロードスターのことをそれほどご存じでない方にも簡単に説明をさせてください。ロードスターは、日本だけでなくイギリス、マレーシア、シンガポールなど、熱狂的なファンに支えられているスポーツカーです。

スポーツカーといえば、通常、すごい音を響かせてものすごいスピードで走るクルマを想像すると思います。ロードスターは違います。

サブタイトルにあるライトウェイトスポーツとは、文字通り「小さく、軽く、安く」です。ロードスターは、スポーツカーの割には、コンパクトで軽く、しかも値段が安い。庶民が十分楽しめるスポーツカーです。

すごく速く走るわけではないけれど、運転手がハンドルを切れば、思い通りに曲がれ、アクセルを踏めば、心地いい音と共に適度な加速感も味わえる。ロードスターは、クルマの運転の楽しさを思い起こしてくれるクルマです。

1989年に誕生したロードスターですが、27年後の今年2016年4月には、累計100万台を突破し、さらに、同年世界的に名誉な「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。世界的な賞2冠を達成ですよ。みんなに愛され続けてきたクルマなのです。

以下は、内容の構成についてです。

この本は、25人のエンジニアへの28時間に及ぶインタビューから構成されています。 「ロードスター」に関してこれほど細かな技術の話も含めて書かれた本はないと思います。

以下のような方を想定して書かれています。
◎ロードスターをすでに所有されている方
◎ロードスターが大好きな方
◎ロードスターの購入を考えている方
◎ロードスターとは何かを知りたい方
◎クルマの細かい話が好きな方
◎クルマのエンジニアの思想に触れたい方
◎マツダという会社が好きな方
◎広島が大好きな方
◎クルマのことをもっと知りたい方

クルマのことに、詳しくない人でもゼロから分かるように、膨大な「語句の解説」が欄外に書かれていますのでクルマの辞典としても活用できます。これほど多くの人を夢中にさせる「ロードスター」とは一体どんなクルマなのか。何度も読み込むごとに新しい発見がある。ロードスターだけでなく、クルマが好きな人全てに書かれた本です。

是非お手に取って頂ければ幸いです。
posted by ゴロゴロ at 19:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! (B&Tブックス)

つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! (B&Tブックス)
つくりたいんは世界一のエンジンじゃろぅが! (B&Tブックス)



単行本: 160ページ
出版社: 日刊工業新聞社 (2014/9/27)
言語: 日本語
ISBN-10: 4526073024
ISBN-13: 978-4526073021
発売日: 2014/9/27
梱包サイズ: 18.6 x 12.8 x 1.2 cm



マツダ車ヒットの要因であるSKYACTIVテクノロジーの実現に関わってきた著者が、その核となるモデルベース手法とともに、開発課題を絞り込む「機能エンジニアリング」の進め方を紹介。機能の連鎖を解き明かす新時代の開発のあり方を読み物風にまとめた。
posted by ゴロゴロ at 18:32| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

Le Mans NOSTALGIA 6 レジェンドオブマツダ 1991ルマン/ロータリーパワーの軌跡 [DVD]

Le Mans NOSTALGIA 6 レジェンドオブマツダ 1991ルマン/ロータリーパワーの軌跡 [DVD]
Le Mans NOSTALGIA 6 レジェンドオブマツダ 1991ルマン/ロータリーパワーの軌跡 [DVD]


形式: 色
リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
画面サイズ: 1.33:1
ディスク枚数: 1
販売元: ユーロ・ピクチャーズ
発売日 2005/06/18
時間: 92 分



国産車で初めてルマンに臨んだ、マツダの挑戦を追った作品。
posted by ゴロゴロ at 13:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

マツダ787B ’91年ルマン24時間レース優勝車「1/24スポーツカーシリーズ No.112」

マツダ787B ’91年ルマン24時間レース優勝車「1/24スポーツカーシリーズ No.112」
マツダ787B ’91年ルマン24時間レース優勝車「1/24スポーツカーシリーズ No.112」


商品重量: 259 g
発送重量: 259 g
製造元リファレンス : 1/24スポーツカーシリーズ No.112
ASIN: B005AFB32Y
posted by ゴロゴロ at 12:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

454号レーシングオン マツダ、20年目の奇跡―Motorsport magazine

454号レーシングオン マツダ、20年目の奇跡―Motorsport magazine (NEWS mook)
454号レーシングオン マツダ、20年目の奇跡―Motorsport magazine (NEWS mook)



ムック: 146ページ
出版社: 三栄書房 (2011/8/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4779612853
ISBN-13: 978-4779612855
発売日: 2011/8/1
梱包サイズ: 29.2 x 23.2 x 0.6 cm
posted by ゴロゴロ at 09:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

マツダチーム ルマン初優勝の記録―ロータリーエンジンによる戦い1979‐1991

マツダチーム ルマン初優勝の記録―ロータリーエンジンによる戦い1979‐1991
マツダチーム ルマン初優勝の記録―ロータリーエンジンによる戦い1979‐1991


単行本: 162ページ
出版社: 三樹書房 (2017/9/1)
ISBN-10: 4895226743
ISBN-13: 978-4895226745
発売日: 2017/9/1
梱包サイズ: 23.2 x 17.8 x 2 cm


世界唯一の技術を誇る、マツダのロータリーエンジン。マツダ技術陣が世界最高峰の耐久レース、ルマンにロータリーエンジン搭載マシンで挑戦し、ヨーロッパの強豪達を相手に、困難とも思われた「優勝」を勝ち獲るまでのドキュメント。
posted by ゴロゴロ at 06:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ロマンとソロバン―マツダの技術と経営、その快走の秘密

ロマンとソロバン―マツダの技術と経営、その快走の秘密
ロマンとソロバン―マツダの技術と経営、その快走の秘密



単行本: 304ページ
出版社: プレジデント社 (2015/10/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4833450755
ISBN-13: 978-4833450751
発売日: 2015/10/16
梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm



独自の環境技術「SKYACTIV」の開発が
クルマを、社員を、そしてマツダを変えた!

「マツダは順風満帆という声が社外から聞こえてくる。とんでもない。
ありがたいことに、新世代製品が今のところ世の中に受け入れられているのは事実。
しかし、スカイアクティブも次の世代にまで行かないと本物かどうかわからない。
本物にならない限り、マツダのブランドも確立しない」やっとのことで
危機を乗り越えたあとの安堵感が、また新たな危機を招くものだ。
そんな歴史を繰り返してはならない、小飼マツダ社長の考えは明解だ。
posted by ゴロゴロ at 05:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ (講談社+α新書)

マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ (講談社+α新書)
マツダがBMWを超える日 クールジャパンからプレミアムジャパン・ブランド戦略へ (講談社+α新書)


新書: 224ページ
出版社: 講談社 (2018/5/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4065119383
ISBN-13: 978-4065119389
発売日: 2018/5/18
梱包サイズ: 17.4 x 11.6 x 2 cm



薄利多売の先には「地獄」が待っている──。欧米プレミアムブランドに負け続け、韓国・中国企業に下から突き上げられ、存在感を失くしつつある日本企業。国内外で実際のブランディング戦略に関わってきたプロが「プレミアムブランド」はいかに成立するか、そのプロセスを紐解きつつ、日本企業・日本製品がプレミアムクラスと認知されるようになるための戦略を語る。苦境にあえぐすべてのビジネスマンの常識を覆す1冊。


「クールジャパン」はただの勘違い?
高品質低価格の呪縛にとらわれた日本企業は、このままでは欧米プレミアムブランドに負け続け、韓国・中国企業から下から突き上げられ、存在感を失くしてしまいかねません。
プレミアムブランディングのプロであり、国内外で実際のブランディング戦略に関わってきた著者が、プレミアムブランドの成立のプロセスを紐解きながら、日本企業・日本製品が高価格・高付加価値の世界商品になる方法を語ります。
その中で注目すべきはマツダ。急成長を遂げる同社の戦略に、日本企業が隘路を脱するヒントを見ます。
プレミアムブランドに限らず、薄利多売で苦境にあえぐすべてのビジネスマンの常識を覆す知恵がたっぷりの1冊です。
posted by ゴロゴロ at 04:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

答えは必ずある−−−逆境をはね返したマツダの発想力

答えは必ずある−−−逆境をはね返したマツダの発想力
答えは必ずある−−−逆境をはね返したマツダの発想力



単行本(ソフトカバー): 177ページ
出版社: ダイヤモンド社 (2015/2/20)
言語: 日本語
ISBN-10: 4478061548
ISBN-13: 978-4478061541
発売日: 2015/2/20
梱包サイズ: 18.6 x 13 x 1.8 cm


NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で話題沸騰!
世界が驚愕! 会社存続の危機の中、エンジン技術だけで、
ハイブリッド車並みの超低燃費を実現した
マツダ流「選択と集中」とは!?

 時代はハイブリッド車だとか電気自動車と言われている中で、独り内燃機関(エンジン)を磨くという道を採ったマツダに対し、「環境技術に後れを取ったマツダ」「持たざる者の遠吠え」などと酷評が聞こえていた。それが、SKYACTIVを発売する以前のマツダに対する評価だった。
 マツダは90年代のバブル崩壊後の負の遺産を引きずり、先行開発に人も資金もかけられないまま2000年代を迎えていた。そしてリーマンショック後の大幅な赤字。さらにフォードの出資比率低下による信用低下リスク。2013年4月期に赤字になれば、それまで4年連続赤字で資金調達が不可能になるという、まさしく存続の危機に追いやられていた。

 過酷とも言える環境対応技術開発に対する備えは不十分と言わざるを得なかった。過去に例がないほどの厳しい燃費改善要請に対し、他社がハイブリッドや電気自動車、さらには数多くのエンジン技術など、幅広く開発しているのはわかっていた。
 時代の要求する燃費改善だけでも実現は困難を極める。しかし、燃費がいいだけのクルマを世に送り出してもマツダである意味がない。クルマの「走る楽しさ」に妥協はしたくない。本当の環境対応技術は、誰にでも手に入れられる手ごろな価格で実現できなければ意味がない。目指すべきは、「燃費を30%以上改善しながら、走りの楽しさも実現する」という、背反する二つのことの両立。それができなければ、マツダの存続意義はない。こうした逆境だらけの中、SKYACTIVの開発が始まった。

「なぜ、電気自動車ではなく、内燃機関だったのか?」「他社に比べて圧倒的に少ないリソースで、なぜこんな開発が実現できたのか?」そこにはどんな発想力が秘められていたのか。どんなドラマがあったのか。世界を驚愕させた究極のエンジン開発を指揮した著者が、執念の開発秘話を明かす。

はじめに
序 章「答え」は必ずある
第1章 マツダ存続の危機
第2章「できない」とは言わない
第3章 強烈な反骨心でソリューションを探る
第4章 俯瞰し、問題点を見抜く力
第5章 答えはいつだってシンプルである
第6章 常に全体最適を考える
おわりに




posted by ゴロゴロ at 03:19| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

マツダ 心を燃やす逆転の経営

マツダ 心を燃やす逆転の経営
マツダ 心を燃やす逆転の経営



登録情報

単行本: 351ページ
出版社: 日経BP (2019/4/27)
言語: 日本語
ISBN-10: 4296100890
ISBN-13: 978-4296100897
発売日: 2019/4/27
梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm



「今にみちょれ」。
「失われた20年」と呼ばれるバブル崩壊後の日本経済の苦境。
1990年代後半のマツダはまさにその"地獄"の中にあった。
業績は低迷、リストラで社員を失い、外資の米フォード・モーターに経営権を握られ、ブランドイメージは地に墜ちていた。

だが、マツダの技術者たちは諦めていなかった。

自分たちが造りたい「理想のクルマ」を造る。
シェアを追うのではなく、世界の2%のユーザーに深く愛される商品で復活を図ろう。
2005年に社内チーム「CFT6」が立案したプランは、やがて「モノ造り革新」として、マツダの仕事のやり方の「全取っ換え」につながり、エンジンを中核とする「SKYACTIVテクノロジー」や「魂動デザイン」として結実する。

モノ造り革新には、様々な壁が立ちはだかった。
フォード傘下での悪戦苦闘、リーマンショックの襲来……。
「世界最高のエンジンを全力で開発する」という方針に対しても、ハイブリッド車やEV(電気自動車)が脚光を浴びる中、「マツダはカネがないから、内燃機関をやるしかない」ともささやかれた。

しかし、2012年からマツダが投入した新世代のクルマたちはヒットが相次ぎ、デザイン、技術とも数々の賞を受賞。世界的に販売が拡大する。フォードの支配下からも脱し、トヨタ自動車とは相互出資する形で提携し、対等なパートナーとして認められるようになった。

日本経済が閉塞感に苦しんだ20年間に、この「逆転劇」を起こせた原動力は、マツダで働く人々の心を燃え上がらせ続けた「モノ造り革新」にある。

その仕掛人にして立役者の金井誠太氏(元会長、現相談役)に、2年半にわたり10回以上インタビューを敢行。モノ造り革新のすべてを語ってもらった。

マツダ再生の物語に加え、金井氏がモノ造り革新で編み出した方法論を、他の業種、企業でも応用できる汎用性を持つ形で、コラムとして収録した。
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

オプションアーカイブ ロータリーチューニングのすべて (SAN-EI MOOK)

オプションアーカイブ ロータリーチューニングのすべて (SAN-EI MOOK)
オプションアーカイブ ロータリーチューニングのすべて (SAN-EI MOOK)


ムック: 127ページ
出版社: 三栄書房 (2017/10/30)
言語: 日本語
ISBN-10: 477963427X
ISBN-13: 978-4779634277
発売日: 2017/10/30
梱包サイズ: 28.5 x 21 x 0.8 cm


ロータリーエンジン搭載車のカスタム史

日本縦断キャノンボールから海外最高速アタック企画まで
懐かしのOPTION誌面で振り返る
REチューニングの変遷

ロータリーひと筋
RE雨宮烈伝
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.352 マツダ 787B プラモデル 24352

タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.352 マツダ 787B プラモデル 24352
タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ No.352 マツダ 787B プラモデル 24352




組み立て塗装が必要なプラモデル。別途、接着剤や工具、塗料等が必要。
1/24スケール未塗装プラスチック組み立てキット
完成時サイズ:全長196mm / 全幅83mm / 全高43mm
マツダ独自のR26B型4ローター・ロータリーエンジンはインテークマニホールド、排気管、エンジンマウント、様々な補器類に至るまで精密に再現
トラス状のウイングマウントやサスペンション、コクピットなどもリアルにモデル化
ルーフ上の2本のアンテナはステンレス戦で再現
各種マーキングのデカールは高品質なカルトグラフ社製、ウインドウ塗装用のマスクシールも付属
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 ランボルギーニ カウンタック LP500S (クリヤーコートレッドボディ) プラモデル 25419

タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 ランボルギーニ カウンタック LP500S (クリヤーコートレッドボディ) プラモデル 25419
タミヤ 1/24 スケール特別企画商品 ランボルギーニ カウンタック LP500S (クリヤーコートレッドボディ) プラモデル 25419


商品パッケージの寸法: 5.3 x 29 x 19 cm
発送重量: 290 g
メーカー型番: 25419
ASIN: B07RMMHH9H
発売日: 2019/8/3


ウェッジシェイプボディはクリヤーコートを施したレッドパーツ。
V型12気筒エンジンを少ないパーツで立体感十分に再現し、室内もリアルな仕上がり。
リトラクタブルライトは開閉選択式。
前輪はステアリング可能。
ドライバー人形付き。

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具、塗料等が必要です。
※「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合所有の登録商標です。
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ロータリー最強メンテナンス―スペシャリストがそっと教える未公開データ81 (レッドバッジシリーズ (279))

ロータリー最強メンテナンス―スペシャリストがそっと教える未公開データ81 (レッドバッジシリーズ (279))
ロータリー最強メンテナンス―スペシャリストがそっと教える未公開データ81 (レッドバッジシリーズ (279))



ムック: 175ページ
出版社: 講談社 (2005/09)
言語: 日本語
ISBN-10: 4061798790
ISBN-13: 978-4061798793
発売日: 2005/09
梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 1.2 cm



スペシャリストがそっと教える未公開データ81
メンテナンス、トラブルシューティング、ライトチューン…
RE(ロータリーエンジン)最速スポーツRX-7&RX-8を長く楽しむための極意を伝授!!
PART1 ロータリーエンジンとターボの決定版メンテナンス
PART2 工夫しだいでもっとよくなる冷却系と電装系パーツ
PART3 消耗部品と定期交換パーツをしっかりとチェックしよう!!
PART4 ロータリーの歴史の生き証人に突撃取材!!
PART5 アイディアパーツでロータリーマシンをサポートする達人!!
PART6 冷静にロータリーを分析してみるとわかったメンテのコツ!!
PART7 ビッグパワーを発生させるドラッグレース用のチューンを見よ!!
PART8 徹底的なサーキットチューニングからロータリーを分析する!!
PART9 ロータリーマシンの売買からメンテナンスを考察したい!!
posted by ゴロゴロ at 03:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

Nostalgic Hero 2019年10月号[雑誌]

Nostalgic Hero 2019年10月号[雑誌]
Nostalgic Hero 2019年10月号[雑誌]


雑誌
出版社: 芸文社; 隔月刊版 (2019/8/30)
言語: 日本語
ASIN: B002L2O20Y
発売日: 2019/8/30
商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 0.8 cm


秋に向けて風を感じながら走ることのできるオープンカーを巻頭特集「風と共に」で掲載。定番から希少な個体までさまざまなオープンカーを掲載しているが、表紙および巻頭では映画「007は二度死ぬ」に登場したボンドカーを掲載。市販されなかったトヨタ2000GTのオープンカー仕様だ。第2特集では、各メーカーの取り組むヒストリックカーのレストア事業について紹介する。
posted by ゴロゴロ at 02:11| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

Nostalgic Hero 2019年12月号[雑誌]

Nostalgic Hero 2019年12月号[雑誌]
Nostalgic Hero 2019年12月号[雑誌]


雑誌
出版社: 芸文社; 隔月刊版 (2019/11/1)
言語: 日本語
ASIN: B07YTDYQ52
発売日: 2019/11/1
商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 0.8 cm


本誌読者にとって特別な漫画の1つである「サーキットの狼」。日本初の本格的自動車漫画であり、空前のスーパーカーブームを盛り上げた一冊だ。本誌ではさーきっとの狼ミュージアムとタッグを組み、実車によるサーキットの狼を紹介。当時この漫画を読み、影響を受けた読者の皆さんが満足する内容となっている。また、本誌で使ったサーキットの狼車両を使った卓上カレンダーが付録。机の上に飾ることができる。
posted by ゴロゴロ at 02:04| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

Nostalgic Hero 2018年12月号[雑誌]

Nostalgic Hero 2018年12月号[雑誌]
Nostalgic Hero 2018年12月号[雑誌]


雑誌: 194ページ
出版社: 芸文社; 隔月刊版 (2018/11/1)
言語: 日本語
ASIN: B07J3H7F3Y
発売日: 2018/11/1
商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 0.8 cm



あこがれのスーパーカーをリアルに描き、熱いストーリーと人間ドラマで当時の少年たちを引きつけた「サーキットの狼」。ちょうど1年前の本誌特集に続き、今回は作中でも大きな盛り上がりを見せた流石島レースにフォーカス。風吹裕矢がプロレ−サーとなって最初のレースであり、街道レースの荒々しさを残した過酷なレース展開には誰もが手に汗を握った。風吹とライバルたちの駆った数々のスーパーカーの勇姿を見ていく。特別付録はノスヒロ特製の2019年カレンダー。
posted by ゴロゴロ at 02:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

Nostalgic Hero 2018年10月号[雑誌]

Nostalgic Hero 2018年10月号[雑誌]
Nostalgic Hero 2018年10月号[雑誌]


雑誌: 194ページ
出版社: 芸文社; 隔月刊版 (2018/9/1)
言語: 日本語
ASIN: B07G28PHFD
発売日: 2018/9/1
商品パッケージの寸法: 28.5 x 21 x 0.8 cm


1964年に開催された第2回日本グランプリ自動車レース大会に突如出場したポルシェGTS。そして、この本格レーシングカーに挑んだ、ほぼ市販車であるS54スカイライン。半世紀が過ぎた現在でも語り継がれる伝説のレースを大特集! !
posted by ゴロゴロ at 01:50| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする