2019年11月24日

青島文化教材社 1/5 エンジン No.02 ロータリースピリット MSP2 メッキ仕様

青島文化教材社 1/5 エンジン No.02 ロータリースピリット MSP2 メッキ仕様
青島文化教材社 1/5 エンジン No.02 ロータリースピリット MSP2 メッキ仕様



商品パッケージの寸法: 5.1 x 7.3 x 7.3 cm ; 68 g
発送重量: 68 g
メーカー型番: 2
ASIN: B007VXII94



ロータリーエンジン13Bの完成型、マルチサイドポートが装備された13B-MSPの原理模型です。
ロータリー特有のハウジングとローターにメッキを施した、展示に最適なモデルです。
ロータリーエンジンはハウジングとローターによって形成された作動室で燃焼が行われ、発生したエネルギーはエキセントリックシャフトにより回転運動に変換されます。
この模型はシャフトを手で回してローターの運動を見ることができます。

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具、塗料等が必要です。
※「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合所有の登録商標です。
posted by ゴロゴロ at 12:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

マツダ・ロータリーエンジンの歴史

マツダ・ロータリーエンジンの歴史
マツダ・ロータリーエンジンの歴史


単行本: 237ページ
出版社: グランプリ出版; 新訂版 (2017/11/16)
言語: 日本語
ISBN-10: 4876873534
ISBN-13: 978-4876873531
発売日: 2017/11/16
梱包サイズ: 21 x 15 x 2.4 cm


1967年に日本初のロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツが市販されて50年。世界で大きな注目を集めたロータリーエンジンの開発は、マツダの技術陣にとって、社運を賭けた大きな挑戦であった。新時代を担うロータリーエンジンの復活が望まれている今、マツダにおけるロータリーエンジン開発の苦難と栄光への軌跡を辿る。
posted by ゴロゴロ at 09:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ロータリーエンジンの20年―開発初期の経緯とその技術的成果

ロータリーエンジンの20年―開発初期の経緯とその技術的成果
ロータリーエンジンの20年―開発初期の経緯とその技術的成果


単行本: 220ページ
出版社: グランプリ出版 (2018/6/1)
ISBN-10: 4876873577
ISBN-13: 978-4876873579
発売日: 2018/6/1
梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.2 cm


自動車用として開発・量産されたロータリーエンジンは、世界の自動車メーカーの中で、マツダが唯一もっている独自の技術である。本書は、この特殊なロータリーエンジンが誕生して20年を経過した際にいくつもの困難な課題を解決した技術的な開発プロセスを、開発に携わったマツダの技術者が中心となって執筆された記録である。
posted by ゴロゴロ at 06:02| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

世界一のスケールミニチュアカーメーカー スパーク のすべて vol.01 ル・マン編 (SAN-EI MOOK)

世界一のスケールミニチュアカーメーカー スパーク のすべて vol.01 ル・マン編 (SAN-EI MOOK)
世界一のスケールミニチュアカーメーカー スパーク のすべて vol.01 ル・マン編 (SAN-EI MOOK)



ムック: 242ページ
出版社: 三栄書房 (2018/12/28)
言語: 日本語
ISBN-10: 4779638208
ISBN-13: 978-4779638206
発売日: 2018/12/28
梱包サイズ: 29.6 x 21 x 1 cm



1/18 、1/43 スケール の ミニカー界 で人気、ラインナップ数、コレクター数ともに世界一の座に君臨し続けている「 スパーク 」。
そのブランドの歴史と系譜を綴るとともに、彼らの膨大なラインナップの中から最も得意とする「 ル・マン 参戦車モデル 」だけを抜粋し、1冊にまとめるブランドムック。
「 スパークのミニカー で綴る ル・マン 車たち 」はそれだけで数千台に上り、200ページを超えるボリュームとなる。
彼らは毎年 ル・マン参戦車 を時代を問わずミニカー化し続けており、 「 ル・マン といえば スパーク 」というのは ミニカーコレクター はもちろん実車 レースファン にも共通認識となっている。
読み物として、カタログとして、資料として価値を感じていただける1冊です。



posted by ゴロゴロ at 05:55| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ハセガワ 1/24 ニッサン R91CP 1992 デイトナ ウィナー プラモデル 20424

ハセガワ 1/24 ニッサン R91CP 1992 デイトナ ウィナー プラモデル 20424
ハセガワ 1/24 ニッサン R91CP 1992 デイトナ ウィナー プラモデル 20424


商品パッケージの寸法: 30 x 18 x 5 cm
発送重量: 299 g
メーカー型番: 20424
ASIN: B07X4W7CB5
発売日: 2019/11/15



1992年のデイトナ24時間レースで優勝したニッサン R91CPを新規パーツ追加で再現!
カルトグラフデカール:IMSA-GTPクラス 1992年デイトナ・サンバンク 24時間レース出場車
ニスモチーム 優勝車 CAR No.23 ドライバー:長谷見 昌弘、星野 一義、鈴木 利男、A・オロフソン
新規プラ部品:ボディ後部、排気管

※この商品は、組み立て、塗装が必要なプラモデルです。
※組み立て、塗装には別途、接着剤や工具、塗料等が必要です。
※「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合所有の登録商標です。

posted by ゴロゴロ at 04:00| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ダットサンの忘れえぬ七人―設立と発展に関わった男たち

ダットサンの忘れえぬ七人―設立と発展に関わった男たち
ダットサンの忘れえぬ七人―設立と発展に関わった男たち


単行本: 247ページ
出版社: 片山豊記念館 (2017/11/1)
ISBN-10: 4895226794
ISBN-13: 978-4895226790
発売日: 2017/11/1
梱包サイズ: 18.8 x 13.4 x 1.8 cm


日本に自動車産業を確立し育成するために一生涯をかたむけた男たちがいた。
posted by ゴロゴロ at 03:28| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ハセガワ 1/24 ブルーバード 1600SSS 1970サファリラリー HR6

ハセガワ 1/24 ブルーバード 1600SSS 1970サファリラリー HR6
ハセガワ 1/24 ブルーバード 1600SSS 1970サファリラリー HR6


商品パッケージの寸法: 2 x 35 x 7 cm ; 191 g
発送重量: 340 g
メーカー型番: 21266
ASIN: B002DR3HNU


1/24スケールプラスチックモデル。
ブルーバードと名付けられた小型乗用車が誕生したのが、1959年8月1日。ブルーバード310系は、発売と同時に市場の人気を独占していき、ファミリーカーとして確固たる地位を築き、海外市場へも多くが輸出されています。
歴代のブルーバードの中でもっとも脚光を浴びたのは1967年8月にデビューした3代目の510系です。
510系は、旧型410系のボリューム感あるスタイルから一転し、そのスタイリングは、スーパーソニック・ラインと呼ばれ、超高速ジェット機のイメージからデザインされました。
パワーユニットは、4気筒OHCで、ファミリーユースの1300シリーズにはシングルキャブレターを備えるL13型を、1600SSS (スーパースポーツセダンの略)にはSUツインキャブレター備えるL16型を搭載。サスペンションは4輪独立懸架となり、卓越したコーナリング性能と優れた操縦性を実現しました。
国際ラリーに積極的に参加してきた日産は、1970年3月、第18回サファリラリーで、1600SSSが総合優勝とチーム優勝を獲得する快挙を成し遂げ、ブルーバードの優秀性を世界に示しました。
posted by ゴロゴロ at 03:22| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ハセガワ 1/24 ダットサン フェアレディ240Z 1971 サファリラリーウィナー プラモデル HR8

ハセガワ 1/24 ダットサン フェアレディ240Z 1971 サファリラリーウィナー プラモデル HR8
ハセガワ 1/24 ダットサン フェアレディ240Z 1971 サファリラリーウィナー プラモデル HR8



ハセガワ「1/24 ダットサン フェアレディ240Z 1971 サファリラリーウィナー」のプラモデルです。

サファリ仕様を細部にこだわり完全再現!
付属デカール
CarNo.11/1971年サファリラリー 優勝車
CarNo.31/1971年サファリラリー 2位
posted by ゴロゴロ at 03:16| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

RALLY CARS Vol.15 NISSAN 240RS (サンエイムック)

RALLY CARS Vol.15 NISSAN 240RS (サンエイムック)
RALLY CARS Vol.15 NISSAN 240RS (サンエイムック)


ムック: 115ページ
出版社: 三栄書房 (2017/1/14)
言語: 日本語
ISBN-10: 4779631742
ISBN-13: 978-4779631740
発売日: 2017/1/14
梱包サイズ: 28.6 x 21 x 0.6 cm



PA10バイオレットの後を継ぐラリーウェポン NISSAN 240RS 日産が送り出した生粋のラリーカー PLAYBACK the Rally Scene 1983-1986 疾風トリコロール Story of Key Person ビル・ブライデンシュタイン 渾身のエンジン――その名はFJ24 唯一の2位――1983年ニュージーランドラリー 岩下良雄、岩瀬晏弘が語る240RS イラストで振り返る日産240RS WRC全記録
posted by ゴロゴロ at 03:11| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

マイクロエース 1/24 オーナーズ24 No.5 '78 フェアレデイ 280Z

マイクロエース 1/24 オーナーズ24 No.5 '78 フェアレデイ 280Z
マイクロエース 1/24 オーナーズ24 No.5 '78 フェアレデイ 280Z


商品パッケージの寸法: 34.8 x 20.2 x 5.8 cm ; 181 g
発送重量: 240 g
製造元リファレンス : 5
ASIN: B000DZLXEO







78 フェアレデイ 280Zの1/24スケールキットです。



posted by ゴロゴロ at 03:05| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

GT-R戦記

GT-R戦記
GT-R戦記



単行本: 295ページ
出版社: 三栄書房 (2017/12/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4779634644
ISBN-13: 978-4779634642
発売日: 2017/12/1
梱包サイズ: 19 x 12.8 x 1.6 cm




2004~2015年スーパーGTにおいて日産GT-Rを6回のシリーズチャンピオンに導いた総監督、柿元邦彦氏の自叙伝。同氏はエンジニアとして、マネージャーとして、あるいは監督として日産のモータースポーツを50年間支えてきた。その経験から、モータースポーツの本質と意義を語る。仕事の進め方や欧米文化の壁など、クルマという工業製品と、レーシングチームという多くの人間が分業するシステムを操り、戦うモータースポーツだからこそ得られる学びがそこにある。


自動車メーカーにとってのモータースポーツ/戦うは千種なり。スーパーGT年間プロセスと監督の責任範囲/「天・知・人」モータースポーツにおける勝利の条件/スーパーGT総監督という仕事/人生で大切なことはすべてモータースポーツから学んだ/モータースポーツの独自考察/追浜からニスモへそして再び追浜へ。技術開発の取り組み/モータースポーツのこれから30年への提言/多様化する時代に結果を出す/老兵は死なず。ただ戦場に立ち続けるのみ(四六判・全296ページ)
posted by ゴロゴロ at 02:55| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

ダットサン510と240Z―ブルーバードとフェアレディZの開発と海外ラリー挑戦の軌跡

ダットサン510と240Z―ブルーバードとフェアレディZの開発と海外ラリー挑戦の軌跡
ダットサン510と240Z―ブルーバードとフェアレディZの開発と海外ラリー挑戦の軌跡


単行本: 247ページ
出版社: グランプリ出版 (2018/4/1)
ISBN-10: 4876873550
ISBN-13: 978-4876873555
発売日: 2018/4/1
梱包サイズ: 21.2 x 14.6 x 2.6 cm


名車ブルーバードとフェアレディZの誕生までの経緯と、日産自動車のワークスチームによる1958年からの海外ラリー活動について、ダットサン510と240Zの活躍を中心に解説する。
posted by ゴロゴロ at 02:35| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする

日産大森ワークスの時代―いちメカニックが見た20年

日産大森ワークスの時代―いちメカニックが見た20年
日産大森ワークスの時代―いちメカニックが見た20年



単行本: 215ページ
出版社: グランプリ出版 (2016/8/1)
ISBN-10: 487687347X
ISBN-13: 978-4876873470
発売日: 2016/8/1
梱包サイズ: 21.4 x 14.8 x 1.7 cm


1960~70年代、国内レース黎明期の主役は、日産であり、その日産のワークスチームとしては「追浜」と「大森」が有名であった。実験車両開発としては、追浜の方が華やかだったが市販車と直結する大森ワークスあってこその活躍ぶりだった。本書では、「ニスモ」の前身となった同陣営の舞台裏エピソードをその誕生時から在籍したメカニックが興味深く解説する。
posted by ゴロゴロ at 02:29| 埼玉 ☔| 日記 | 更新情報をチェックする